美容・コスメ

美容・コスメ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

アラビアゴム〜メイクアップ〜

アラビアゴムメイクアップ

アラビアゴムとは、アカシア科の植物から淡褐色の球塊として採取される天然樹脂のひとつです。

ガムやマシュマロの原料となるほか、化粧品・医薬品の乳化・分散安定を助け、皮膜形成・結着剤として用いられます。

アラビアゴムは、古くから色素を定着するバインダーとして、また、紀元前からのりとして用いられた。水にはよく溶けて、半透明で粘り気のある溶液になります。

乳化安定剤、増粘剤として種々の化粧品に使用され、また固着剤としてセットローションなどにも使用されます。

アラビアゴムは、具体的にマスカラやヘアースタイリングのベース・インセンスの成型・チューインガムのベース・ドリンク剤のシロップなどになっています。


あぶらとり紙〜メイクアップ〜

あぶらとり紙メイクアップ

あぶらとり紙とは、脂が気になるところに当てるだけで、皮脂を取り除くことができる紙のことです。

あぶらとり紙は、薄めの吸脂性に優れた紙のことで、肌の脂が気になるところを軽くおさえれば脂をとることができるというものです。

もともとは、金箔を作るときに使う金箔打ち紙が脂を吸収する性質に優れていたために舞妓さんがお化粧直しに使い始めたのが始まりといわれています。

携帯性に優れており、どこにでも持ち運ぶことができるし、ちょっとした顔のテカリなどを直す際に便利です。

より脂をとる機能に優れた男性用のものも販売されています。

あぶらとり紙を使うと紙に脂が付き、いかにも脂がとれたような気になるが、擦りすぎて敏感な顔の肌を痛めないように注意した方がいいです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。