美容・コスメ

美容・コスメ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

法定色素〜コスメビューティ〜

法定色素コスメビューティ

法定色素とは、化粧品に色を与えるいろいろな色素のうち、タール色素系で使われる83種類の色素のことをいいます。

法定色素はタール色素と同意であり、「赤色○○号」などという表示になっています。

色あせしにくく安定性は高いが、合成化学物質であるため、かぶれやアレルギー、発ガン性が避けられません。

また、法定色素の入ったメイクを常用すると、黒ずみやくすみがでるようになるので、とくに角質や表皮のケアは欠かせません。

近年は、法定色素にも蛍光を発する素材である赤色104、240、橙色201、黄色201、紫色201があり、ネイルなどへ配合されています。

アメリカのほうが、日本に比べ法定色素の数は少なく、34種類と制限されています。

変性アルコール〜コスメビューティ〜

変性アルコール〜コスメビューティ〜

変性アルコールとは、糖類の醗酵又は合成によって作られるエタノールに、アセトンやメタノールを加えて、飲用不可にした消毒用・工業用のアルコールです。

変性アルコールは、化粧品の成分を溶かす目的や清涼感を与える為に使用します。

エタノールと同様に、殺菌効果や収れん効果もある。通常の消毒用エタノールとほぼ同量のエタノールを含有するが、価格は消毒用エタノールの約半分と安価です。

酒税法では飲用不可のグレードであるため、税金が安いためです。

変性アルコールには、アセトンなどのまぜものが入っているため、エタノールと違ってアレルギー源になりやすいのも特徴です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。