美容・コスメ

美容・コスメ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

脂漏性皮膚炎〜スキンケア〜

脂漏性皮膚炎スキンケア

脂漏性皮膚炎とは、頭皮では脂っぽいフケや赤斑、顔では鼻の周囲に薄いカサブタ状の赤斑など、皮脂腺が発達し皮脂の分泌の多い部分に発症する炎症です。

脂漏性皮膚炎の原因は、皮脂を分泌する皮脂腺の出口から毛穴にかけて住んでいるマラセチアという真菌(カビ)といわれます。

真菌が原因と分かった場合、外用抗真菌薬を塗布して1〜2週間で症状が軽快するものの、再発が多いです。

根本的治療には、皮膚を清潔にケアするとともに、この病気にかかる人は油っぽいもの、辛い刺激物など食べ物の嗜好が偏っている場合が多い為、食生活の改善が治療の第一歩。

食べ物が、皮脂の過酸化を促進させて結果的に皮疹を増悪させるといわれます。

治療には根気が必要な疾患であります。


紫斑〜スキンケア〜

紫斑スキンケア

紫斑とは手足などの皮膚に薄くできる出血斑で、血小板の数が減少している時にも良くみられます。

紫斑は、通常、あとかたもなく治ることがほとんどだが、ときどき蛋白尿・血尿がしばらく続くことがあり、腎障害が起きることもあります。

アレルギー性紫斑病には、治す薬がなく、症状のひどいときにはステロイド剤を使用するが、根本療法ではありません。

老人性紫斑は、歳をとり皮膚の弾力がなくなってきたために、わずかな打撲でも不規則な形をした斑状の紫斑ができます。

初めは赤紫になってるが、そのうちに橙黄色になり、やがて消えます。

治療の必要はありません。

アナフィラクトイド紫斑は、両下肢に左右対称性、散在性にみられる紫斑を伴った紅斑がみられ、腹痛や関節痛を伴います。

起こりやすい合併症としては、腎臓の障害、腸重積症や腸管穿孔などがあります。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。