美容・コスメ

美容・コスメ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

紫外線吸収剤〜スキンケア〜

紫外線吸収剤スキンケア

紫外線吸収剤とは、有機紫外線吸収剤とも言い、紫外線を吸収し、人体に影響の少ない赤外線や可視光線等に変換して放出するもののことをいいます。

紫外線吸収剤は、肌の大敵、紫外線を吸収して、もっと肌に優しい光線に変えるものです。

紫外線が肌に直接あたると、しみやそばかす、肌老化の原因になったり、ひどい場合には皮膚ガンを引き起こすことが知られています。

紫外線吸収剤は有害な紫外線を拡散し、防御してくれるが、肌を痛めてしまうも多く、炎症を起こしていても気づかず使用している場合がよくあります。

特に酸化による肌への影響が大きく、長時間の使用、連続使用、毎日使用は肌(角質)の持つ基礎体力を損なっていきます。

紫外線対策に欠かせない紫外線吸収剤だが、用法・用量を守り、適切な時に使いたいものです。

紫外線〜スキンケア〜

紫外線スキンケア

紫外線とは、地球に到達する太陽光線のうち、波長が短くエネルギーの高い光のことです。

紫外線は皮膚でビタミンDを合成します。

しかし、ビタミンDは冬の弱い太陽光線を浴びるだけで十分合成されることや、食事から摂取することも可能であることを考えると、紫外線はそのエネルギーの高さゆえに、有害な影響の方がクローズアップされざるを得ません。

特に、本来オゾン層で吸収されるはずの有害なUV−C(紫外線の一種)が、オゾン層の破壊によって地表まで届いています。

紫外線を予防するには、食事やサプリメント等でビタミンCを摂取し、日焼け止め化粧品や日傘、帽子等を活用して根本的に肌に紫外線が当たらないようにする対策をとることが大切です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。