美容・コスメ

美容・コスメ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

汗も〜スキンケア〜

汗もスキンケア

汗も(汗疹)とは、汗を分泌する器官である汗管の出口が角栓によって塞がれた結果、周囲組織に漏出した汗により生じた皮疹です。

汗疹は皮膚科や小児科(特に幼児)に多い疾患で、悪化すると酢酸ヒドロコルチゾンクリームを外用します。

連日高温多湿の夏では反復再燃を繰り返すことが多いです。

かゆみを覚えることがほとんどであり、かくことによって二次性感染の「とびひ」などを続発することも多いです。

汗が皮膚のどの深さでたまるかによって症状が異なり、症状の軽い水晶様汗疹から、一般的に汗疹と認識されている小さな赤いぶつぶつができる紅色汗疹などがあります。

いずれの場合も掻かずに清潔に保つことが重要です。


乾燥肌〜スキンケア〜

乾燥肌スキンケア

乾燥肌とは、皮膚を覆っている角質層と皮脂膜が壊れて皮脂が不足、空気が乾燥して皮膚の水分が奪われて起こる、顔に粉がふいたような状態です。

乾燥肌は、質層が水分を保持できず、肌内部の水分は蒸発しやすくなっています。

また、アレルゲンや微生物などが入り込み、炎症なども起こりやすく痛みを伴います。

紫外線など外部刺激に対する抵抗力も落ち、美白の大敵です。

特に、外気の乾燥しやすい冬にはスキンケアが重要です。

油分の入った乳液やクリームで肌を乾燥から守り、コラーゲンやセラミドなど保湿成分入りの化粧水・美容液でうるおいを補給することです。

乾燥肌の人は、顔全面のメイクは控え、ポイントメイクでケアします。

洗顔のしすぎは、健康な角質細胞まで落としてしまいます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。