美容・コスメ

美容・コスメ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ビタミンC誘導体〜スキンケア〜

ビタミンC誘導体スキンケア

ビタミンC誘導体とは美白作用があるビタミンCよりも角質層の透過がよく、より長い時間皮膚内にとどまるように改良された美白成分です。

ビタミンC誘導体には、水溶性と油溶性とがあります。

ビタミンC誘導体には、肌へのなじみをよくし、酸化されにくくするリン酸基が結合しています。

ビタミンC誘導体が皮膚の内部へ入っていくと、細胞からこの結合を切る酵素が分泌され、メラニン色素に近い距離でビタミンCに変化し、新たに生産されるメラニン色素の元を分解します。

こうしてビタミンCは、皮膚の内部でコラーゲンの合成を促進、保湿を促すので小ジワやたるみ防止、肌の若返り効果があります。

ビタミンC誘導体が含まれる化粧品は、紫外線で分解しやすいので、容器や保管場所などに注意が必要です。

パルミチン酸〜スキンケア〜

パルミチン酸スキンケア

パルミチン酸とは、通常、中和して脂肪酸石鹸として、皮膚や毛髪を洗浄し清潔にするために使用します。

パルミチン酸の化合物は、いくつかあり、結合する要素によって性質が変化します。

パルミチン酸アスコルビルは、本来脂溶性ではないビタミンCを、皮脂に溶けやすくし安定性を高めたビタミンC誘導体の形になっています。

パルミチン酸レチノールでは、ビタミンA(レチノール)を安定化し、より粘膜に吸収しやすくし、レチノールそのものにくらべて、刺激は少なく改善してあります。

パルミチン酸セチルは、鯨ロウに多く含まれる動物油脂であり、クリームの光沢や増粘に使われます。

パルミチン酸オクチルやイソプロピルは、低粘度の溶解剤でエモリエント効果を出すといった具合です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。