美容・コスメ

美容・コスメ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ナイアシン〜スキンケア〜

ナイアシンスキンケア

ナイアシンとは、ニコチン酸とニコチンアミドの総称で別名ビタミンB3とも呼ばれ、ビタミンB2などと共に糖質・脂質・たんぱく質の代謝を促進します。

ナイアシンは、水溶性ビタミンですぐに尿として排泄されるが、いろいろな食品から摂れるので、あまり心配することはありません。

しかし、ダイエットで食事量が少ないとき、アルコールを分解するときには使われてしまうので、ナイアシンを多く含む食品で、例えば、タラコやピーナッツを食べると効果的です。

ナイアシンは、皮膚の健康を保つ栄養素でもあり、不足すると日にあたる部分、顔や手などで炎症を起こし、口内炎や口角炎にかかりやすくなります。

その他、ナイアシンは血行改善の機能があり、冷え性や頭痛などにも効果的です。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル〜スキンケア〜

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルスキンケア

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルとは、一般に水溶性であるビタミンCを油溶性のビタミンC誘導体にして、皮膚吸収を向上させたものです。

略称:VCIPといいます。

ビタミンC誘導体は美白効果のある原料として古くから使用されていたが、ビタミンC誘導体には水溶性と脂溶性とがあり、水溶性のほうは皮膚への吸収が少ない。コラーゲン分解酵素を抑制する効果に優れており、持続性があります。

油溶性の甘草エキスに多くふくまれ、美白成分としてメラニンの産生を抑制し、抗酸化性を発揮します。

皮膚の角質層への吸収がよく、水溶性ビタミンC誘導体とあわせて使うと、奥のほうまで作用が届いて相乗効果が得られるといいます。

保湿成分としてリップケア製品などにも入れられます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。