美容・コスメ

美容・コスメ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

グリチルレチン酸〜スキンケア〜

グリチルレチン酸スキンケア

グリチルレチン酸とは、カンゾウの根から抽出されるグリチルリチンから得られる抗炎症・抗アレルギー成分です。

グリチルレチン酸には、グリチルリチン酸二カリウム、グリチルリチン酸アンモニウム、グリチルレチン酸ステアリルなどの誘導体があり、用途や製品形態に応じて配合します。

グリチルレチン酸の効能は、皮膚の炎症緩和、ニキビなど皮脂の分泌を抑え、消炎効果に優れており、多くのスキンケア製品や口紅に用いられます。

かわったところでは、痔の座薬。作用が緩和で連続使用しても副作用が認められないことや、使用性がよいことから広く使われます。

ヘアケア製品には、脱毛予防・フケ・かゆみを抑えるなど。油溶性でオイルに溶けるため、マッサージクリームなどに用いられます。

グリコール酸〜スキンケア〜

グリコール酸スキンケア

グリコール酸とは、リンゴ酸やクエン酸と同様のフルーツ酸の一種であり、肌の奥にある真皮中のコラーゲン・エラスチンなどといった細胞を増加させ、真皮を厚くします。

グリコール酸は他のフルーツ酸とおなじように身体の中に存在するもので、危険ではありません。

古くなった角質層などをピーリングタイプのパックなどで除去するには、もっとも効果的な酸であり、水に溶かすとかなりの強酸になります。

フルーツ酸のなかでは分子量がかなり小さいため、皮膚への浸透も早くなります。

医療機関などの美顔では、ケミカルピーリングの素材として用いられ効果も大きいが、グリコール酸の配合された石けんなど、毎日のスキンケアでニキビや吹き出物の跡などを手軽になおしていく方法もあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。