美容・コスメ

美容・コスメ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

アルギン酸Na〜スキンケア〜

アルギン酸Naスキンケア

アルギン酸Na(アルギン酸ナトリウム)とは、コンブやワカメなどの海藻から得られるエキスの主成分で、水溶性高分子となります。

アルギン酸Naは、水に溶けるとぬるぬるとした感触が得られます。

この粘性を化粧品の使用感の調節に応用します。

また、乳化粒子や顔料粒子の分散安定性を助け、パウダーファンデーションなどの結合剤として用いられます。

マッサージ用のジェルや、パック洗顔料にも使われます。

アルギン酸Naは、天然の保湿成分として、エイジングケア用化粧品素材に使われます。

アルギン酸Naの水溶液が、毛穴の奥まで入り込み、汚れを吸着して出て行くことによって、汚れで不活発になっていた皮膚の新陳代謝を高めます。

また、マッサージの際の機械的な刺激から肌を守り、マッサージ効果を高めます。

アラントイン〜スキンケア〜

アラントインスキンケア

アラントインとは、植物の新陳代謝産物として穀物の胚芽や煙草の種子、コンフリーの根などに存在し、肌荒れを防止する成分である。

アラントインには、合成品もあり、通常は尿素から合成される。白色・無臭の柔らかい粉末であり、の皮膚の傷を治癒し、抗刺激作用があります。

高純度のものは、医薬品や化粧品につかわれます。

アラントインは、角質ややけどのあとの古い組織などを除去し、新しい表皮組織の生成を助長する作用があります。

アレルギー反応はおきにくいものと云われております。

ハンドクリームや、敏感肌用化粧品に用いれられ、とくに、アレルギー性物質の刺激を抑制するので、他の有効成分と一緒に配合されます。

欠点としては、水にとけにくいという事です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。