美容・コスメ

美容・コスメ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

SPF〜スキンケア〜

SPFスキンケア

SPFとは、サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略であり、主としてB紫外線からの日焼け防止効果の倍率を示す数値です。

SPFの数値は、何も塗らない皮膚が20分程度で日焼けするその時間を基準にしています。

日焼け止めを塗ってこの時間が延長されるほど、SPFの数値が大きくなります。

SPF30では、20分×30倍=600分=10時間 となり、10時間まで日焼けが抑制されるという意味になります。

SPFが一桁のものは、日焼け防止効果はあまり期待できないが、じっくりきれいに日焼けする目的で使う事ができます。

室内にいても日焼けはするが、日常的な買い物や洗濯程度であればSPF10位で足ります。

長時間屋外にいる必要がある場合には、SFP30以上のものが適します。

紫外線防御率には、肌質によって個人差があり、SFP値が高くても数時間おきに塗りなおしたほうが効果的です。


PA〜スキンケア〜

PAスキンケア

PAとは、Protection Grade of UVAの略で、UVA(紫外線)の防御レベルのことをいいます。

PAは日焼け止めクリームなどのUVAの防御レベルを示し、PA+、PA++、PA+++の3段階で表示されます。

ちなみに、PA+ → 効果がある 、PA++ → かなり効果がある 、PA+++ → 非常に効果がある、となっています。

通常の場合では、PA++であれば十分です。

紫外線はお肌の大敵であり、ちょっとの日焼けがシワやたるみ、シミの元などの原因になります。

夏などは特に紫外線対策に注意したいが、実は紫外線が最も多いのは春の4月から5月にかけてとなります。

寒い冬からやっと陽気が出てきたころであるので、意識するのはちょっと大変かもしれないが、お肌のために、春先こそ気をつけて欲しい時となります。

UVケア製品には、このPA値とともにUVB(中波長紫外線)の防御レベル値・SPF値も明示されています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。