美容・コスメ

美容・コスメ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

L-システイン〜スキンケア〜

L-システインスキンケア

L−システインとは、分子構造中にSH基(イオウと水素)を持つアミノ酸で、毛髪・皮膚・爪を形成する成分であり、体内に広く分布しています。

L-システインは、ビタミンCと協働してメラニンの形成を抑制し、しみ・そばかすを予防します。

また、抗酸化ミネラルのセレンと一時的に結合(キレート)し、X線などの放射線から体を守り、有害金属を排出する働きがあります。

毛髪や皮膚の構成材料として、皮膚の再生を助け、はげの予防、ふきでものや疥癬(かいせん)を予防し、爪や皮膚を健康に保ちます。

L-システインは硫黄を含むため、代謝される際には硫酸ができ、水銀や鉛など人体に有害な金属、あるいは有害でなくても余分な金属を排出します。

但し、とりすぎは逆に活性酸素を増やすため、使用容量を守ることが大切です。

魚や大豆に多く含まれています。

ECM〜スキンケア〜

ECMスキンケア

ECMとは、細胞外マトリックス(Extracellular matrix)の略であり、細胞と細胞の隙間を埋める物質です。

皮膚におけるECMと細胞との割合は、9対1で圧倒的にECMが多いのが特徴です。

ECMには、ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチンのほか、デコリン・フィブロネクチン・ラミニン・テナシン・アグリカンといった分子があり、形状や性質により名称が違います。

ECMは、細胞の周囲をとりまき細胞同士を接着させ、細胞が正常に機能するための補助となっています。

特に、保湿や弾力性など、細胞の保護を目的とします。

また、外から微生物や細菌が侵入しないようなバリア機能もあります。

ECMが不足すると代謝が悪くなり、病気にもかかりやすくなります。

老化の過程とは、ECM減少でもあるため、外からあるいは体内摂取でこれを補うことは、健康を保つことからも重要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。