美容・コスメ

美容・コスメ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

顔料〜コスメ〜

顔料コスメ

顔料とは、小さな粒子性の色素で水や油に溶けず、ファンデーションやメイクアップ用コスメ、口紅などに分散させて使う素材です。

顔料の種類には、有機顔料、無機顔料、パール顔料などがある。化粧品には、これらを種々の基材中に分散させ調合して作ります。

ファンデーションやパウダー類には、酸化亜鉛や酸化チタンといった白色顔料が使われます。

色つきの顔料には、無機顔料では酸化鉄があり、黄色・赤・茶・黒と酸化状態の違いにより色が異なります。

有機顔料はほとんどが合成であるが、発がん性を有するものもあり、薬事法によって規制される。赤色○○号、青色○○号という名称はみな合成顔料です。

パール顔料は、マイカ(雲母)を微粉末にしたものと、魚燐箔などがあります。


リンゴエキス〜コスメ〜

リンゴエキスコスメ

リンゴエキスとは、リンゴ果実から抽出された生理活性物質のことであり、主としてリンゴポリフェノールを80%以上含んでいます。

リンゴエキスは赤褐色の粉末として得られます。

化粧品や食品素材としての機能は、メラニンの生成を抑制することによる美白作用、紫外線を吸収しSOD活性をもつこと、抗アレルギー機能などがあります。

リンゴそのものはバラ科の植物であるため、アセロラなどと同様に花が結実した後の実の中に、植物の栄養成分が濃縮されていると考えられ、アセロラ同様に酸化防止や制菌作用があります。

美肌化粧液としてリンゴエキスを入れたものもあり、その多くはさっぱりとひきしめることや、保湿が前面に出されています。

キメを整えるためのシートパックなどにも使われています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。