美容・コスメ

美容・コスメ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

エリソルビン酸〜コスメ〜

エリソルビン酸コスメ

エリソルビン酸とは、アスコルビン酸(ビタミンC)の構造異性体で、食品・化粧品に用いられる酸化防止剤です。

別名:イソアスコルビン酸とも云います。

エリソルビン酸は、化粧品を空気酸化から防ぎます。

食品などに入れる場合は、エリソルビン酸のナトリウム塩として亜硝酸ナトリウムと一緒に使用すると、ニトロソアミンの発生を抑える効果があり、よく使われています。

酸化防止作用は強いがビタミンCとしての作用はアスコルビン酸の約1/20といわれています。

脂肪分の多い加工品にはフェノール系酸化防止剤と併用することで相乗効果があるといわれます。

名称が似ているだけで、よく発がん性を疑われるソルビン酸Kなどとはまったく別の物質です。

エタノールアミン〜コスメ〜

エタノールアミンコスメ

エタノールアミンとは、化粧品のpH(酸性・アルカリ性)をコントロ−ルするために用いるアルカリ試薬です。

エタノールアミンには、モノエタノールアミン、ジエタノールアミン、トリエタノールアミンなどの種類があり、挙げた順で後になるほど水酸基部分が増えて、毒性を発するようになります。

純粋な試薬としては可燃物質でもあり、石油類とおなじように劇薬の取り扱いを要します。

アレルギー物質であるため、化粧品には表示指定成分となっています。

トリエタノールアミン塩と脂肪酸からなる洗浄剤は、シャンプーやリンスなどの界面活性剤としても使われるが、環境ホルモンの遠因となります。

いずれも、敏感肌・乾燥肌・アトピー気味の人は、この成分の入っている化粧品は避けたほうが好ましいです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。