美容・コスメ

美容・コスメ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

リシン〜コスメビューティ〜

リシンコスメビューティ

リシンとは、必須アミノ酸の一つで、親水性の塩基性アミノ酸です。

肉や魚などの動物性タンパク質に多く含まれます。

略号は「 Lys 」です。

リシンは、動物ほどたくさんではないが、植物にも大豆などに含まれます。

しかし、イネやとうもろこしには少ないです。

戦後すぐに、学校給食がはじまったとき、米が主食の日本人はリシンが不足と判断され、パンなどにリシンが添加されたことがあります。

リシンの構造には、末端に陽イオンがあり、弱い陽イオン界面活性剤としてアミノ酸シャンプーなどに入れられます。

9種類の必須アミノ酸をバランスよくとらないと、タンパク質合成は進みにくく、美肌やつややかな髪の毛など、健康な身体づくりにはアミノ酸バランスが重要といえます。

ラノリン〜コスメビューティ〜

ラノリンコスメビューティ

ラノリンとは、羊毛を刈り取ってウールに仕上げる際に副産物として回収されるウールグリース(毛の根元についた固形油)を精製したものです。

ラノリンは、融点が40℃付近の淡黄色の蝋状物質です。

化粧品、医薬品以外に工業用用途としても、潤滑剤、繊維油剤、プラスチック、コンクリート、塗料・インキなど、さまざまな形で利用されています。

化粧品としては、口紅やクリームなどに用いられ、保水性に優れ、体温でゆっくり溶けて皮膚を保護します。

ヘアケア製品にも用いられます。

ラノリンには、その用途に応じ、ラノリンアルコール、ラノリン脂肪酸イソプロピル、ラノリン脂肪酸オクチルドデシルなどがあります。

いずれも、エモリエント効果があり、製品の硬さを調整します。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。