美容・コスメ

美容・コスメ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ヒドロキシアパタイト〜コスメビューティ〜

ヒドロキシアパタイト〜コスメビューティ〜

ヒドロキシアパタイトとは、リン酸カルシウムの一種で、骨や歯の主要成分である。

ハイドロキシアパタイトは、歯のエナメル質の95%以上を占めており、ガラスと同程度の硬度です。

歯の表面のエナメル質よりも少し柔らかい程度であるため、歯磨き用粒子として適しています。

化学的性質は、弱アルカリ性(pH7-9)で、酸には良く溶け、アルカリには溶けないとされます。

化粧品素材としては、ファンデーションなど粉末状製品のベースに使われます。

優れた生体適合性、骨親和性があり、人工歯根、人工骨等にも利用されています。

イオン交換機能があり、歯の表面の汚れを吸着し、除去する作用があるため界面活性剤との相乗効果で、歯磨きに使われます。

ヒスタミン〜コスメビューティ〜

ヒスタミンコスメビューティ

ヒスタミンとは、免疫系に関係する信号伝達物質であり、アレルゲンが体内に侵入すると、細胞から免疫系に働きかけ放出される微小分子です。

アレルギー反応は、ヒスタミンが過剰に放出された状態です。

ヒスタミンが過剰分泌して起こる症状には、花粉症の場合のくしゃみ・鼻水・目のかゆみです。

アトピー性皮膚炎やハウスダストによるぜんそくなどもヒスタミン過剰が原因といわれます。

ヒスタミン過剰、過剰免疫反応を抑える薬剤に、「抗ヒスタミン剤」があります。

ヒスタミンが信号伝達物質として働くためには、ヒスタミン分子がはまりこむ受容器が必要であり、受容器表面の接着部分を抗ヒスタミン剤で覆ってしまうと、信号が先に進まなくなり症状が抑えられます。

但し、抗ヒスタミン剤には眠くなる副作用があります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。