美容・コスメ

美容・コスメ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ケラチン〜コスメビューティ〜

ケラチンコスメビューティ

ケラチンとは、毛髪や爪、皮膚の角質層を形成するための硫黄を含むたんぱく質の総称です。

水分をよく含む繊維状の細長いたんぱく質であり、弾力性に富みます。

羊毛や羽毛、角、うろこなどもケラチンです。

毛髪や爪は硬ケラチン、皮膚角質層は軟ケラチンといいます。

ケラチンは、紫外線や衝撃など外部刺激から体を守るクッション効果やバリア効果があります。

髪のケラチンには、S-S結合という部分があり、パーマネントをかけるときは、S-S結合を薬剤で切断し、ねじれた位置で固定・再結合させます。

ケラチンの主成分となるアミノ酸は、L−システインです。

育毛にはこのアミノ酸を含む食品をとることも大切です。

アミノ酸シャンプーとは、ケラチンを強化するアミノ酸成分を配合したものです。


クロロゲン酸〜コスメビューティ〜

クロロゲン酸コスメビューティ

クロロゲン酸とは、コーヒーから単離されたタンニンの一種で、コーヒー独特の香りや苦味をだす成分とされています。

生のコーヒー豆に多く含まれ、焙煎が進むと分解して減っていきます。

別名:コーヒー種子エキスです。

クロロゲン酸は、ゴボウやサツマイモなど一般的な植物にも含まれ、植物の切り口が茶色くなる原因となっているが、これはクロロゲン酸が抗酸化物質であり、切り口の酸化防止をするからと考えられます。

クロロゲン酸は、ガンや生活習慣病の予防、日焼けによるメラニンの抑制などの効果があると言われています。

ごく最近の研究では、コーヒー党に肝臓がんが少ないなどは、この抗酸化作用のためではないかという報告もあります。
(2005年1月21日の発表)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。