美容・コスメ

美容・コスメ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

グリチルレチン酸ステアリル〜コスメビューティ〜

グリチルレチン酸ステアリルコスメビューティ

グリチルレチン酸ステアリルとは、マメ科の多年草である甘草から抽出されるグリチルレチンの誘導体です。

グリチルレチン酸ステアリルは、粉末状であるが、油溶性でオイルに溶けます。

グリチルレチン酸ステアリルには、抗炎症、抗アレルギー作用があり、特に皮膚炎に対して有効です。

また、エイジングケアのための美白成分としても使われます。

天然の植物由来成分のため、作用が緩和で連続使用しても副作用がないことや、使用感がよいことで幅広く化粧品に用いられます。

同じような成分に、グリチルレチン酸ジカリウムがあるが、それよりも効果が報告されています。

薬用成分として、湿疹接触皮膚炎・抗アレルギー・制菌作用があり、配合量によっては医薬部外品になります。

グリセリン脂肪酸エステル〜コスメビューティ〜

グリセリン脂肪酸エステルコスメビューティ

グリセリン脂肪酸エステルとは、グリセリン・ソルビトール・ショ糖などの多価アルコールと脂肪酸がエステル結合した構造を持っている、非イオン界面活性剤です。

洗浄剤としてはほとんど使用されず、主として乳化・分散などに使われます。

グリセリン脂肪酸エステルは、乳化剤として菓子類やケーキなどに使われることが多いです。

化粧品成分とする場合には、水になじみやすい水酸基が多いため、皮膚をしっとりしなやかにし、柔軟性のある皮膚を保つ保湿剤として、また、防腐剤としても使われます。

クレイパックなどにはクレイとクリームの油分が分離しないよう配合されます。

ソフトカプセル型の健康食品を調整する際にも使われることがあります。

アレルゲン指定にはなっていなません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。