美容・コスメ

美容・コスメ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

クラスター水〜コスメビューティ〜

クラスター水コスメビューティ

クラスター水とは、細胞や腸で吸収されやすく、肌の潤いを作り出す、粒の小さな水のことです。

クラスター水は、水分子の集まりが小さい水のことで、このクラスターが小さいほうが腸や細胞から吸収されやすいといわれています。

また体内の水分のクラスターは年齢とともに変化し、赤ちゃんが一番多く、年齢を重ねるほどクラスター、つまり水分子の塊の大きさは大きくなっていきます。

大きくなってしまったクラスター水は細胞を通り抜けられないので、細胞内に老廃物が蓄積されやすくなり、シミ・ソバカスやシワの原因となってしまいます。

最近ではクラスターの細かい水が市販されており、足りなくなったクラスター水の補給をすることができるようになりました。

クオタニウム〜コスメビューティ〜

クオタニウムコスメビューティ

クオタニウムとは、いくつかの誘導体があり、クオタニウム−33、クオタニウム−45、−51、−73、−18ヘクトライトと作用が少しずつ異なる化粧品成分です。

一連のクオタニウムの中には、医薬部外品として効力を発揮するものがあります。

特に、クオタニウム−73は、ピオニンと呼ばれる光反応性の薬効成分で、抗菌性を持ち、ニキビ用の化粧品に配合されます。

美白エイジングケア化粧品にも使われます。

別名:感光色素201、又は商品名「ルミンA」といいます。

クオタニウムは、元来は写真感光色素として開発されました。

体内外の異物を食べるマクロファージを活性化する物質であることが明らかになり、細胞賦活物質、自己修復機能を高めるための医薬品となりました。

花粉症予防にも効果的です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。