美容・コスメ

美容・コスメ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

キシリトール〜コスメビューティ〜

キシリトールコスメビューティ

キシリトールとは、天然ではイチゴやプラム、カリフラワーに多く含まれ、工業的には樺の木の樹皮やトウモロコシの穂軸に含まれるキシラン(多糖の一種)を加水分解して作られる白色の天然甘味料です。

キシリトールは、糖アルコールの一つで虫歯の原因にならない甘味素材として歯磨きやガムに配合されています。

糖アルコールには、ソルビト−ル、マルチトール(還元麦芽糖)、エリスリトールなど多くのものがあり、いずれもむし歯を起こさない甘味料として、広く使われています。

1997年に食品添加物として認可されました。

キシリトールを配合した化粧品は、保湿性があるにもかかわらず、使用時のべとつきが少ない点が特長であり、他の保湿剤と併用することで、肌荒れへの効果が期待できます。


カロチン〜コスメビューティ〜

カロチンコスメビューティ

カロチン(β−カロテン)とは、主に緑黄色野菜などの植物性食品に含まれており、必要なだけ体内でビタミンAに変換される栄養素です。

皮膚や粘膜を保護することから、フェイスクリーム類にも用いられます。

カロチンは、橙色をした有機色素(天然色素)なので、錠剤や化粧品の色づけにも使われます。

カロチンがビタミンAに変換する量を「ビタミンA効力」といいます。

そのため、生理作用では、ビタミンAのはたらきとして表現されます。

髪の健康、夜盲症・視力の低下を防ぐ、皮膚や粘膜・生殖機能を維持し、成長を促進するなどがあります。

カロチンと同様に、体内でビタミンAに変わるものに、レチノールがあります。

レチノールは摂りすぎると過剰症が出ることがあるが、カロチンよりも変換効率はいいです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。