美容・コスメ

美容・コスメ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

エストロゲン〜コスメビューティ〜

エストロゲン〜コスメビューティ〜

エストロゲンとは女性ホルモンのひとつで「卵胞ホルモン」とも呼ばれるものです。

エストロゲンは排卵の準備をするホルモンで、生理の終わりごろから排卵前にかけて分泌が高まります。

40代半ば頃から分泌が急激に減少しはじめ、うつやイライラ、不眠、倦怠感などのさまざまな更年期症状の原因となります。

エストロゲンは男女ともに体内で合成・分泌され、微妙なバランスで身体全体の営みに関わっています。

エストロゲンには、悪玉コレステロールの減少作用、血管拡張作用によって、動脈効果や高血圧、心筋梗塞、高脂血症、脳機能活性(アルツハイマーの予防)、骨粗鬆症予防などにも有効です。

インスリン〜コスメビューティ〜

インスリン〜コスメビューティ〜

インスリンとは、血液中のブドウ糖を取り込み、エネルギーとして利用するため、すい臓から分泌されるホルモンの一種です。

インスリンは、ランゲルハンス島という島状細胞の集まりのベータ(β)細胞から分泌されます。

食生活の乱れやストレスで、インスリンが分泌されにくくなると、本来エネルギーを熱に変え、グリコーゲンとなって肝臓に蓄えられるはずのブドウ糖が、尿中に出てしまう「糖尿病」になります。

逆に、健康体であれば食後に血糖が急に上昇するとインシュリンが過剰に分泌し、余分なブドウ糖を中性脂肪に変えて蓄えようとします。

この働きを逆手にとり、血糖値を急激に上げない食事の工夫をし、低インシュリン状態を保つ「低インシュリンダイエット」があります。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。