美容・コスメ

美容・コスメ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ブライダルヘアメイクとSDへのメイク

ブライダルヘアメイクとSDへのメイク


<ブライダルヘアメイク>

メイク方法は、顔だけでなく髪も重要な要素となります。

特に結婚式などの一生に一度のイベントでは、こだわれるところはとことんこだわりたいもの。
ブライダルヘアメイク出張サービスなどを行なっているところもあるようです。
え、ヘアメイクだけ?と思うことなかれ、もちろんこういう人はプロのメイクアップアーティストですから、
ヘアメイクだけでなく、一重まぶたを二重にしてもらったりと、全体の印象をきれいに見せてくれることでしょう。
少々お金はかかりますが、一生に一度の結婚式のメイク。
絶対妥協はしたくない!という人は、とことんこだわってみるのもよいでしょう。

また、結婚式だけにこだわらずに、各種パーティーや、写真撮影などにこういうサービスを利用するのもいいかと思います。
一度プロのメイク方法を体験する、という意味でも、いい機会になるかもしれませんしね。
着物のメイクなども新しい発見があります。


<SDへのメイク>

最近はメイクもさまざまで、自分にするメイクだけでなく、SD(スーパードルフィー)という人形にメイクをすることもあるようです。

SDとは自分でカスタマイズすることが前提で発売されている人形で、自分自身でメイクしてみたりと好きにカスタマイズできることが面白みのようです。
こういうのは面白い人には面白いんでしょうね・・・メイク初心者も良いと思います。
ギャルメイクだって、SDなら恥ずかしがることなくできますね。キャバ嬢のメイクもできるかも。

オシャレな人形などに興味のある人は一度調べてみてもいいのではないでしょうか。
ひょっとしたらメイク方法に関して新しい発見があるかもしれませんよ。
メイクボックスやメイクブラシ、メイク落としなどのメイク用品はキャンメイクなどもおすすめです。

ファインメークとアートメイクの違いアートメイクは、眉が薄すぎて困っている方や目がぼんやりしている方などには最適で、目元鼻元をハッキリさせてくれます。ちょっと色や形に変化を加えるだけで、表情は見違えるほど変わってくるものです。
これでもう、ノーメイクは怖くありません!最近では男性の方にも人気です。

一方、ファインメイクは日本古来の繊細な技術と海外の最新の技術を合わせ更に皮膚学を参考にした、いままでとは違うアートメイク方法。

アートメイクと違い使用する色素もファインメイク色素といいヨーロッパの非常に粒子の細かい天然色素で、年月と共に変色したりしません。
このため、アートメイクをしているとは気付かれにくく、本当に自然な仕上がりでお化粧より自然なしあがりです。

モデル、女優のメイクとメイクアップアーティストのテクニック

モデル、女優のメイクメイクアップアーティストのテクニック

<モデル、女優のメイク>

テレビで見るようなモデルさんや女優のメイクはメイクスクールで学んた、
資格があるプロのメイクアップアーティストによるものがほとんど。

顔全体の印象をがらりと変えます。目を大きく見せたり、一重まぶたをカバーしたり。
また、奥二重のメイクや眉のメイクも実に大切な部分と言えます。

また、意外と盲点なのはベースメイクの仕方です。
目もとのアイラインようなポイントメイクも重要ですが、もとの基礎となるベースメイクの方法、
ファンデーションやフェイスパウダーなどの使い方がきちんとしていないと、
全体としてきれいなメイクには見えないわけですね。

また、髪もきれいに見せる重要な要素であり、こだわりをもつならヘアメイクも欠かせません。


<メイクアップアーティストのテクニック>

化粧やメイクをしている人はもちろん女性が多いですが、男性がする場合もあります。

代表的なのが、ビジュアル系のロックバンドなどでしょう。
彼らは、ボーカル、ギター、ベース、ドラムなどそれぞれ異なったメイクをすることによって、見ている人に、全体としての強力なアピールと一人一人の個性を印象付けます。

反対にロックバンド系が素の顔で舞台に立っていたら、なんだかそれはそれでおかしい気がしますね。
ただ、同じ舞台でもその役割によってメイク方法は変わってくるようです。
歌舞伎絵などによく見られる、袴を着ている人が目もとに線を入れるようなかっこいいメイクとでは全く意味合いが異なります。後者は特に厚いメイクをして、個性を際立たせているようです。

ただし、これらは一昔前に化粧品の種類が少なかったり、専門のメイクアップアーティストがいなかったりで無理のある方法でメイクをしていたことにだいぶ起因しているようです。

現在は化粧品も種類が豊富で、専門のメイクアップアーティストもいるところがほとんどですから、メイクも厚いものからナチュラルなものに変わりつつあるようです。余り厚くメイクをしすぎると、役者の表情が見えづらくなる、という欠点もありますしね。

特殊メイクもほどほどが良いですね。
アートメイクという汗や洗顔でも落ちない持続性のあるメイクも人気です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。