脂肪吸引

脂肪吸引 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

セルライト肥大化の過程〜脂肪吸引〜

セルライトについて

セルライト肥大化の過程◆

肥大化した脂肪のまわりに、老廃物や水分が溜まり大きな塊となったもで、
血行不良を招く上、脂肪細胞同士がくっつき、さらに肥大化します。

皮下組織中の血行不良や、脂肪の代謝不良が原因とされます。

女性のお尻や太ももなどにできやすく、
肌の表面がみかんの皮のようにデコボコになります。

セルライトはまず初期段階では、皮下脂肪細胞が肥大化し、
周辺の毛細血管を圧迫し、そこから血漿や水分の濾出が始まり、
うっ血、むくみを生じさせます。

次に、脂肪の蓄積が進行すると、血行不良や、
酸素の供給が上手く行われなくなり、
体内の老廃物がたまり易くなります。

これらが表面的には、でこぼこした皮膚を
肉眼で判別できるようになります。

更に、老廃物同士と脂肪が結合し、
脂肪細胞の間隙にある組織の損傷が始まり、
押すと痛みを伴う事もあります。

セルライトが結合しだすと、最初のでこぼこは
全体的に筋のように見えるようになってきます。

最終段階では、損傷した結合繊維や、
老廃物、血漿の硬化、結合組織の萎縮が進行し、
痛みが感じられます。

最悪の場合は「線維硬化性水腫状組織炎(F.E.P.)」、
または脂肪硬化症脂肪組織の硬化)となり、
外科による治療を行わなければなりません。

セルライト放置の弊害〜脂肪吸引〜

セルライト放置の弊害◆

セルライトは見た目が悪いだけではありません。

セルライトは見た目以外にも様々な弊害をもたらします。

増加したセルライトを除去せずに放置しておくと、
増殖して血管を圧迫し続け、代謝が悪くなった周りの
正常な脂肪細胞もやがてはセルライトになってしまうのです。

また、セルライトができると痩せにくい体になるだけではなく、
先にもお話しましたように、血流が悪くなり、冷え性、むくみなどの
原因にもなります。セルライトの原因も冷え性、
むくみが上げられますので、厄介な悪循環です。

セルライトを放置しておくと、美容上の問題だけではなく、
脂肪細胞に影響を与える「線維硬化性水腫状組織炎」と
言う症状の病気として、認識せざるを得なくなってきます。

セルライトは、多くの場合、血管が異常に浮き上がる間質性水腫が
引き金として発症しますが、最初のうちは治癒可能です。

セルライトで見た目悪くてどうでもいいやと
思っていては大きな間違いです。

このようにセルライトは体に弊害をもたらします。

セルライトを放っておいてはいけません。

セルライトができてしまったら除去するように努力しましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。