脂肪吸引

脂肪吸引 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

チューメセント法〜脂肪吸引〜

チューメセント法

チューメセント(Tumescent)法(SBC式)とは、
エピネフリン(止血作用、麻酔効果増強)や
リドカイン(局所麻酔剤)を、PH調整剤を含んだ大量の
生理食塩水で希釈したチューメセント溶液
注入することにより、脂肪細胞をふやかして柔らかくしてから
吸引する方法で、鎮痛効果にも優れています。

注入量は通常、脂肪吸引予定量の1〜3倍が
目安となっており、注入後は皮下脂肪が固く膨張します。

鎮痛効果や脂肪細胞をふやかす効果を持つ溶液を
吸引前に注入する方法で、最も一般的な方法で、
溶液は、エピネフリン(止血作用、麻酔効果増強)や
リドカイン(局所麻酔剤)を大量の生理食塩水で
希釈したものであり、これにより
鎮痛効果と出血抑制効果を実現した。

注入量は脂肪吸引予定量の1〜3倍が目安であり、
注入後は皮下脂肪が固く膨張する。

1990年にチューメセント法が開発される以前は、
出血量が非常に多く輸血を必要とする手術であったが、
チューメセント法が確立されてからは輸血が
必要となるケースは少なくなったようである。

現在では、チューメセント法をベースとして
浅層脂肪吸引(Superficial liposuction)や
超音波脂肪吸引法が利用されるようになったが、
これらを併用する場合でもチューメセント法
安全性と有効性を高めている。

続きを読む

シリンジ法〜脂肪吸引〜

シリンジ法

シリンジ法とは、脂肪吸引で使用するカニューレのような
吸引管を使わずに陰圧がかかる注射器で
丁寧に脂肪を吸い出す痩身方法です。

電動ポンプではなく注射器の陰圧を
利用して脂肪を吸引する方法である。

豊胸手術などでの脂肪注入に容易に
利用できるのが特徴である。

浅い部分の脂肪吸引には向いていないとされ、
深部が対象となる。

1990年代に入ってアメリカで開発された方法であるが、
現在まで主流な方法とはなっておらず、
脂肪注入時に利用されることが多いようである。

手作業により極め細かな脂肪の吸引が可能なため、
数CCレベルで左右対象に脂肪吸引量を
そろえることができ、ボディライン形成の繊細な
調整が可能であること、また吸引した脂肪量を
正確に測ることが出来ます。

また続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。