脂肪吸引

脂肪吸引 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

脂肪吸引の施術法 〜脂肪吸引〜

脂肪吸引の施術法

クリニックにより、超音波脂肪吸引法(UAL)、
シリンジ法チューメセント法ハイパーインフレート法
PAL法を使用、または複合併用しています。


チューメセント法

チューメセント法は、1990年に開発されました。

吸引前に、鎮痛効果や脂肪細胞
ふやかす効果のある溶液を注入する方法で、
現在最も一般的な方法であるとされています。

溶液は、止血作用や麻酔効果を上げる働きを持つ
エピネフリンや局所麻酔剤のリドカインを
大量の生理食塩水で薄めたものです。

この方法によって、鎮痛効果と出血抑制効果の
両方が可能になりました。

また、脂肪組織が柔らかくなることで、
吸引できる脂肪の量がも増え、微小血管などへの
ダメージも少なくなり、出血、腫れといった術後の
合併症が軽減されるようにもなりました。

チューメセント法が開発される以前は、
脂肪吸引の施術は、出血量が非常に多く、
輸血を必要としましたが、この方法が確立されてからは、
輸血が必要となるケースは大幅に減少したようです。


ハイパーインフレート法

ハイパーインフレート法は、
従来のチューメセント法の技術では
困難だとされていた中間層、表層への麻酔を
可能にした方法です。

チューメセント法を進化させた
方法といえるでしょう。

吸引前に麻酔薬を薄めた生理食塩水を
皮下脂肪層に注入し、痛みを抑えながら脂肪
ふやかして施術を行います。 

この方法によってカニューレが
簡単に操作できるようになり、
出血を抑えながら大量の脂肪
吸引が可能になりました。

術後の皮膚表面のこぼこも抑えられます。



シリンジ法

シリンジ法は、深部の多量な脂肪
滑らかに取り除くのに適した施術法です。

カニューレのかわりに注射器を利用して、
手作業で吸引をおこないます。

高度な技術を要しますが、
極め細かな吸引が可能なため、
繊細なデザインが可能です。

身体への負担が少ないので、
1〜2日程度で通常の生活を再開することができます。


超音波脂肪吸引法(UAL)

カニューレを挿入する前に、
超音波マッサージを行って脂肪細胞を柔らかくし、
吸引をスムーズにする施術法です。

内出血が少ない、体への負担が少ない、
腫れや痛みが少ないなどの利点があり、
もっとも一般的な脂肪吸引法と言えます。

ただし、超音波は熱を発生しますので、
部位の状態や吸引量によっては、
超音波を用いない施術法を選択した方が
良い場合もあります。


続きを読む

脂肪吸引施術のトラブル〜脂肪吸引〜

脂肪吸引施術のトラブル

脂肪吸引の施術後に起こりうるドラブルで、
もっとも多いのが、「仕上がりに対する不満」のようです。


脂肪吸引施術後に現れる、
主なトラブルについてまとめてみました。

1.
脂肪吸引が、不十分だったために、
脂肪吸引したにもかかわらずしたにもかかわらず、
施術前と変わらない。

2.
脂肪吸引後、表面にでこぼこが出来た。

3.
左右のバランスにずれがある。

4.
施術前に脂肪を柔らかくする超音波使用により、
温熱効果で肌が軽い火傷の症状や組織内水腫が現れた。

5.
脂肪吸引施術の際の全身麻酔または局所麻酔による副作用。

6.
術後の腫れが引かない。

7.
痛みがなかなか消えない。

8.
傷跡が目立つ。

施術後の仕上がりに不具合があるのは、
脂肪を正確に吸引できなかった場合が
ほとんどのようです。

あるいは、技術が未熟なために、
取ってはいけない部分の皮膚や、
皮下組織を取りすぎてしまい、
患部が硬くなってしまうというトラブルもあるようです。

そのような場合には、
クリニックの担当医に不満点を伝え、
話し合いの場を持ってもらいましょう。

カウンセリングの際に残していたメモなどを提示しながら、
担当医と納得行くまで話し合うことが望ましいと思います。

どうしても納得のいかない場合、
再手術も可能のようですが、前回の施術から
半年〜1年ほど期間をおく必要があるようです。

このようなトラブルを未然に防ぐためにも、
医師まかせにせずに、
施術前に「どの部分の脂肪を何リットル取るのか」といったような
具体的な量を把握して、術後、吸引した脂肪を見せてもらい、
変化を自分の目で確かめることも大切です。

そうすれば「仕上がりに対する不満」の類のトラブルは、
かなりの確率で防げると思います。


国民生活センターhttp://www.kokusen.go.jp/

日本医療情報サービスセンターhttp://www.iryo-joho.com/

日本美容外科医師会
http://www.biyoishikai.org/

日本美容医学会http://www.beauty-adviser.com/soudan.html

日本美容医療協会 http://www.jaam.or.jp/

日本弁護士連合会

http://www.nichibenren.or.jp/


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。