脂肪吸引

脂肪吸引 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

脂肪吸引で感染のリスク〜脂肪吸引〜

脂肪吸引で感染のリスク

術中、術後に細菌による感染を引き起こす可能性がある。
感染を放っておくと生死に関わることもあるので、
抗生物質の投与など適切な処置が大切である。


■吸引のムラ、吸引し過ぎによる陥没

吸引にムラがあると凹凸が出来てしまうことがある。
また、一部だけを吸引しすぎるとその部分だけが
凹んでしまうというようなケースもある。

必要な場合は修正手術を行うことで解決することが多い。



脂肪吸引の際の感染に関しては、
現在の医学のレベルではほとんど起こることはなく、
一般の病院よりも確率が相当低いと言えましょう。

脂肪の取り過ぎに関しては、
通常、一回の脂肪吸引で除去できる脂肪の量は、
最大3000〜4000ccと言われており、日本人の女性であれば、
まず一度に3000〜4000ccを上回る脂肪
とれるほど太っている方は稀ですので、まず大丈夫です。

上記に該当しない極度の肥満状態にある方は、
吸引部分を同時に何か所も取るのではなく、
医師と相談しながら行えば安全です。

皮膚のたるみについては、かなり肥満状態の方以外は、
たるむということはまずありません。



脂肪吸引のリスク 1970〜1980年代〜脂肪吸引〜

脂肪吸引のリスク 1970〜1980年代

脂肪吸引には、手術である以上、貧血、感染、
脂肪塞栓、吸引部の凹凸、皮膚のたるみ、
麻酔の事故などが脂肪吸引のリスクとして挙げられます。

以前、1970年代頃には、
過度の脂肪除去による貧血やショックなどで
死亡事故も起きていました。

しかし欧米で脂肪吸引の研究が発達し、
こういった事故が起こることも近年では、
ゼロになりつつあります。


80年代後半に脂肪吸引先進国のアメリカで導入された、
ハイパー・ウエット・メソッドという麻酔方法により、
技術と安全性が飛躍的に向上しました。

この方法は、非常に薄い麻酔液が入った体液と
同じ成分の生理食塩水に、出血を抑える薬と、
ショックなどを予防する薬を混入し、
大量に脂肪をとる脂肪層に浸透させます。

これにより、手術中の出血が極端に減少し、
貧血予防が施され、脂肪細胞がこの生理食塩水を
取り込んで膨張するために、吸引部の凹凸と脂肪組織
血管に入って血管がつまってしまう、
脂肪塞栓の予防が可能となりました。

また、この手法により、
手術は局所麻酔で行うことが出来るようになった為、
麻酔事故が起こることもほとんどありません。


脂肪吸引の安全性や有効性は高く評価されているが、
手術である以上100%という安全は保障されない。

あらゆる手術に共通するリスクや脂肪吸引特有の
リスクや合併症があり、それらを知った上で
治療を選択する必要がある。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。