脂肪吸引

脂肪吸引 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

インディバ位の効果に近い医療機器〜脂肪吸引〜

インディバについて

インディバ位の効果に近い医療機器◆ 


サン・ヘルシー


インディバ療法は身体の深層内部に電気を通し、
体温を上昇させ細胞を活性化する事でした。


サン・ヘルシー」を使うと元気になる理由

医学的には35℃以下を低体温といいますが、
健康的には心配な体温です。

低体温になると、血液の流れが悪くなり、新陳代謝が低下します。

すると、内臓器官の機能も鈍くなり、排泄機能も弱くなっていきます。

更に、筋肉が硬くなり機能が低下し、身体能力が鈍くなります。

その上、代謝の低下と運動能力の低下は肥満をも招き、
更には、ストレスが溜まったり、心が弱くなったりと、
精神面でも不安定になりがちになってしまいます。

しかも、身体や心が弱くなると身体がみるみる弱くなり、
最後には病気になってしまうのです。

インディバ位の効果同様とはいかないまでも、
かなり近い効果を期待できるのが、『サン・ヘルシー』です。

サン・ヘルシー』は身体の悪い箇所を治す正真正銘の「医療機器」です。

ですから当然、医療機器承認番号も取得している「家庭用温熱治療器」です。
(医療機器承認番号:21600BZZ00532000)

人間の体は、低体温になると血液の流れが悪くなり、新陳代謝が低下します。

すると、内臓器官の機能も鈍くなり、排泄機能も弱くなっていきます。

更に、筋肉が硬くなり機能が低下し、身体能力が鈍くなります。

その上、代謝の低下と運動能力の低下は肥満をも招き、
更には、ストレスが溜まったり、心が弱くなったりと、
精神面でも不安定になりがちになってしまいます。

しかも、身体や心が弱くなると身体がみるみる弱くなり、
最後には病気になってしまうのです。


ではどうしたら体温を高める身体づくりができるといいますと
身体を温めるとどうなるでしょう?
お風呂に入ったり、食事を摂ったりすると身体が温まり、
血液の流れがよくなりますね?
とても健康的な状態が自身でもハッキリと感じられると思います。

その体温が高い状態を維持する事ができればいいのです。

体温が上がると、新陳代謝がよくなり、内蔵機能が活発になり、
また、筋肉の緊張がほぐれ、身体能力が活発になります。

酸素を取り入れる高率がよくなり、身体の中の老廃物や余分な
脂肪等の排泄もスムーズになります。

いつも体調がよく身体の動きがスムーズで、
毎朝の目覚めもスッキリ快調に目覚めるのです。

また、免疫力もついてくるのでウィルスや
細菌に負けることもなくなるので、
病気になりにくい身体になります。

風邪がひきにくくなったり、下痢や腹痛などにも
縁がなくなってきます。

弱った身体を直すだけでなく、
使い方次第でいろんな悩みにも応えてくれます。

体温を上げて、常に代謝のよい身体を維持してくれる
サン・ヘルシー」は、日常生活を送っているだけでも
脂肪の燃焼率が違ってくるので、ダイエットとしての使用も
非常に多いですし、身体を労わる快適な睡眠がとれるので、
リラックス効果や安眠として使われている方も多数いらっしゃる様です。

医療機器の家庭用温熱治療器「温熱治療マット」を
セットした敷きふとんで、寝ている間中全身を温めて、
免疫力を高め健康を取り戻してくれます。

サン・ヘルシーは人体に影響を及ぼすといわれる電磁波は
市販の電気毛布やカーペットに比べ、極めて微量です。


■商品名 サン・ヘルシー
■型式AZ3101S
■周波数 AC100V(50/60Hz)
■定格消費電力105W
■温度調節機能切タイマー付無段階制御回路
■安全装置 過昇温度防止装置(サーモスタット、温度ヒューズ)
■製品の表面温度 強 : 約50℃中 : 約38℃弱 : 約25℃
■サイズ 本体 100×210cm 厚さ3.5cm温熱治療マット 50×120cm 
厚さ1.5cmコントローラー 17×6×4cm
■重量(コントローラー含む) 6.0kg
■マイナスイオンセラ28個
■医療機器承認番号 家庭用温熱治療器 21600BZZ00532000
■特許 磁石の貼り付け法 第2873785号
■洗濯 上部 : ドライ 下部 : 拭き取りまたはドライ

インディバの日本と海外の活用方法について〜脂肪吸引〜

インディバについて

インディバの日本と海外の活用方法について◆

日本と欧米ではインディバの活用範囲が異なります。
これは、日本の場合、厚生省の認可に基づき決まる事で

日本の場合、さまざまな検査、結果をパスしないと
認可が出ません。

たとえ欧米で普通に利用されていても日本では利用禁止と
なる場合も十分にあります。

インディバは、欧米などでは、
癌治療、理学療法科、整形外科、
形成外科、産婦人科等、広範囲で使用されています。

日本でのインディバ利用は、癌治療目的等ではまだ
厚生省の認可が下りておらず、
美容形成外科、皮膚科、内科、外科、眼科、歯科、
理学療法リハビリ科、整形外科、接骨院、
リンパ球療法など主に美容・整形分野で使用されています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。