脂肪吸引

脂肪吸引 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

脂肪細胞とは?〜脂肪吸引〜

脂肪細胞とは


脂肪細胞は、これまで脂肪細胞は生まれたばかりや思春期など、
ある限られた時期にだけ数が増えると言われていましたが、
最近の研究では、その時期以外でも栄養過多になれば
(特に高齢女性で)数が増えるそうです。

脂肪細胞の中では、脂肪の合成、分解、蓄積が行われます。

医学的に脂肪細胞の数は、
250億個〜300億個とも言われ、
脂肪細胞1つの直径は1万分の1mmです。

脂肪細胞の数が増えたり、細胞自体の
脂肪蓄積量が多くなると「太った」状態となります。

これまで脂肪細胞は成長期に
細胞数が増えると言われていましたが、
最近の研究では、体の成長が終了した以降でも、
栄養過多により細胞数が増えるとか、または、

脂肪は、脂肪細胞の中の“脂肪球”といわれる
油滴の中に蓄えられているという。


一度増えてしまった脂肪細胞は、
その後、数が減ることはなく、蓄積される脂肪の量によって
大きさが変化するだけなのです。

ダイエットをする目的は、
脂肪細胞の中の脂肪球に蓄えられている脂肪の量を
減らしていくことが重要になります。

皮下脂肪と内臓脂肪〜脂肪吸引〜

皮下脂肪内臓脂肪について

体内に蓄えられている脂肪のことを「中性脂肪」といいます。

お腹の皮膚の下にあって、摘むことができるのが皮下脂肪
一方、腹部の内臓の周りにあるのが内臓脂肪です。
というわけで、皮下脂肪内臓脂肪は別ものですが、
構造的な差はありません。

一般に私たちが体脂肪と呼んでいるのは、
この中性脂肪のことですが、
これには、皮膚と筋肉の間にたまる脂肪の体の
皮下脂肪」と、内臓のまわりにつく脂肪
内臓脂肪」の2種類があります。

お腹回りをはじめ、二の腕やヒップの下などについた皮下脂肪は、
いわゆる“ぜい肉”ですが、エネルギーを蓄えたり、
保温、内臓を外部からの衝撃から守り、
和らげるクッションの役目も果たしています。

また女性にとっては、出産時のエネルギーとしても使われます。

内臓脂肪は、内臓の回りにつく脂肪のことで、
臓器を支える役割をになっていますが必要以上に
内臓脂肪が増えると、動脈硬化症、高血圧症、糖尿病、
痛風、関節炎と言った生活習慣病の原因にもなり、
健康上の弊害が現れてきます。

生活習慣病の多くは肥満と関係しています。
肥満皮下脂肪と考えると、
皮下脂肪を悪玉と考えがちです。
実は内臓脂肪(消化管の間の脂肪組織)が
生活習慣病と関係しています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。