脂肪吸引

脂肪吸引 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

セルライト防止に効果的な食事〜脂肪吸引〜

自分で出来るセルライト防止法

セルライト防止に効果的な食事◆

一度できたセルライトは、なかなか除去する事が
難しいとされていますが、予防するためにも、
日常の食生活を一度見つめ直してみましょう。

セルライトを少しでも除去し、更なるセルライト
肥大化を防止するためには、血行を良くし、
代謝を活発にする必要があります。

それには以下に挙げるような、セルライトの分解代謝を
助ける働きがある食物を努めて摂取しましょう。

●余分なコレステロールや老廃物を排出させる効果がある、
海苔やひじき、わかめ、昆布などの海草類(水溶性食物繊維)。

●血液を生成するミネラルを多く含有する食物。

●血液循環を促進するため、唐辛子など体を温める食物。
(但し過度の摂取は注意)

▲食事でセルライト予防

セルライトができにくいカラダとは、
基礎代謝が多く太りにくいカラダ、
冷えやむくみのないカラダ、
水分代謝の多いカラダです。

1.
基礎代謝を増やすのには「ビタミンB群」を
積極的に摂りましょう。
ビタミンB群が豊富に含まれているのは、
豚肉、大豆、レバー、納豆、青魚、玄米などです。

2.
唐辛子やコチュジャンに含まれる
カプサイシン」も代謝の向上に役立ちます。

3.
血液循環を高めるには、抗酸化成分が多く含まれるトマトや
にんにく、緑黄色野菜が効果的です。

4.
生野菜などのカラダを冷やす食べ物より、
温野菜や生姜、黒酢など、カラダを
温める食事を心がけましょう。

5.
水を多めに、
できれば1日2リットル以上飲みましょう。

6.
コーヒーやアルコールの摂りすぎに
注意しましょう。

7.
果物を多く食べ、1日30g以上の
食物繊維を摂取しましょう。

セルライト防止の留意点〜脂肪吸引〜

自分で出来るセルライト防止法 について


セルライト防止の留意点◆

セルライトは、気がつかないうちに出来ているように、
長時間かけて形成されるものです。

セルライトができたからと焦るのではなく、
セルライト予防のため、日常生活で
心掛けると良い点を、いくつか御紹介します。

これで、だいぶ防げるようになります。

1. 
あまりストレスを溜め込まず、リラックスしましょう。

2. 
1日の内に、少なくともコップ8杯以上の水分を
摂取しましょう。
その際、糖分が入っていないものにしたり、
ミネラルウォーターなどを飲むと良いでしょう。

3. 
抗酸化栄養素の多い食物をたくさん摂取するようにしましょう。

4. 
出来るだけ野菜や果物を多く摂るようにしましょう。
その際、クリームや脂肪の入った
マヨネーズなどは、極力避けましょう。

5. 
軽い運動を毎日行い、血液循環やリンパ液の循環が
良くなるように心掛けましょう。

6. 
なるべく良い脂肪に目を向けましょう。

7. 
血行の妨げとなる、きつく締め付ける下着や洋服、
ハイヒールなどの靴は、できるだけ身につけないように
気をつけましょう。

8.
規則的な生活を送る
寝不足や夜中の飲食など、
不規則な生活は自律神経のバランスを崩す原因となります。
夜はぐっすり眠り、ストレスを溜めない健康的な生活をしましょう。

9.
お風呂でマッサージ
冷え性の人は血行が悪く、セルライトのできやすい体質です。
お風呂でむくんでいる部分をマッサージするだけで、
血行やリンパ液の流れがよくなります。

また、温かいお風呂に入った後に冷たいシャワーを浴びる
「温冷療法」は自律神経の働きを高めるので、
セルライト予防に効果的です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。