ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

経絡(けいらく)ダイエット〜医療ダイエット〜

医療ダイエットの種類

経絡(けいらく)ダイエット医療ダイエット

経絡ダイエットとは、経絡の流れを良くする、
つまり生体(生命)エネルギーの流れを
良くすると、体内の老廃物が排出されやすくなったり、
筋肉や脂肪が正常化し、余分なところに不必要な
贅肉や脂肪が、つきにくくなるのです。

したがって、自然と身体の正常化が
行われるため、ダイエットによる
悪い反作用・副作用もなく、少しづつ自然と
身体に負担をかけることなく、スムーズに
痩せることができるのです。

しかも、経絡ダイエットを継続することによって、
太りにくくなるという、とても嬉しい効果も
期待できます。

<経絡とは>

経絡とは簡単にいうと、「身体中の気の流れ道」で、
「生体(生命)エネルギーの流れ道」とも言います。

気功・鍼灸・マッサージ等などは、気の流れを
良くして、全身を健康に美しくする効果があります。

鍼灸の場合は、経絡上にある穴(ツボ)に
針を刺して穴(ツボ)を刺激し自然治癒力の
活性化を促進します。


<方法>

東洋医学の「経絡(けいらく)」と「ツボ」を
刺激して体の代謝を高めます。

<入浴時に刺激する方法>

・湯船にさっと入り、少し体を温めた状態で
手ぬぐいに石鹸やボディソープをつけて手に
巻きつける様にして握る。

・経絡(けいらく)の向きに沿って一定方向に力強く押し流すように洗う。
・1箇所を10回ずつ洗い、全身を洗い終わったら1度流す。
・湯船に入り少し温まったら、もう一度同じ事を繰り返す。(できれば3回程)

※最初の内は、経絡(けいらく)の詰まりや
滞りがある箇所を押すと、かなり痛い場合がありますが、
続けるうちに少しずつ改善されていきます。

黒豆ダイエット〜食事ダイエット〜

食事ダイエットの種類

黒豆ダイエット食事ダイエット


黒豆ダイエットは、健康食品として
注目されている黒豆をとることで痩せるものです。

黒豆は大豆の仲間で、正式には「黒大豆」といいます。

もちろん、大豆の栄養であるペプチドやサボニン、
イソフラボンをふくんでいます。

ペプチドで脂肪が燃えやすい体になります。

サポニンは小腸で栄養の吸収を遅らせ、
余分な脂肪や糖質を排出する働きがあります。

その他食物繊維やビタミンBも含んでいます。

さらに、黒い皮の部分に含まれているシアニジンは、
ポリフェノールの1種で、脂肪が腸で吸収されるのを
抑えて排出するという働きがあります。

ポリフェノール・アントシアニン・シアニジンは、
おなか周りに脂肪が蓄積するのを抑えるとともに、
コレステロールの排出を促すことがわかっています。

黒豆のシアニジンの含有量は他の食品に比べても
ずば抜けて多いです。

たとえば、ブルーベリーや紅芋の約3倍です。

また、シアニジンには血小板の形を修復して
血液の流れを良くすることで血圧を
下げる効果もあります。

シアニジンは分子が小さいため素早く
吸収されるので即効性があります。

黒豆ダイエットの方法は、1日に黒豆30グラムを
お湯で煮出したものを飲むというものです。

シアニジンは水溶性なので煮汁に
ほとんど溶け出すからです。

まとめて作った場合、煮汁は冷蔵庫で
3日保存できます。

煮るときは100度以上にすると、シアニジンが
壊れてしまうので沸騰させないように気をつけてください。

黒豆の煮汁の他にも、市販の黒豆茶や黒豆酢もあります。

自分の好きな味のものを選ぶといいと思います。

このダイエットでは、大豆の栄養と
シアニジンの効果で健康的に痩せることができます。

脂肪が30%をおさめる高脂肪食を
1ヶ月間ラットに食べさせると、
腹部脂肪量は4割も増加しますが、
この脂肪食にアントシアニンを与えたラットでは、
腹部脂肪量の増加が約1.5割に抑えられた
実験データがあります。

肝臓に含まれる脂肪の量も抑えられ、
コレステロール値が有意に下がり、
中性脂肪も減るようです。

また血液サラサラ効果が高く、代謝の高い身体を
維持する黒いポリフェノールは、
ダイエットに効果があるといえます。

【黒豆の各種栄養】

イソフラボン
黒豆の胚芽部分に多く含まれている成分で、女性ホルモンと同じような
働きがあります。この成分が更年期の諸症状を緩和したり、高血圧や
肥満などの生活習慣病を未然に防ぐ役割をしています。

サポニン
過酸化脂肪の増加を防ぎます。つまり高血脂症を予防し脂肪の代謝
を促すことにより肥満を防止させる効果があります。

アントシアニン
アントシアニンとはポリフェノールの一種。活性酸素を除去することで、
血液をさらさらにし体脂肪をつきにくくする働きをします。その結果動脈
硬化や高血液などの生活習慣病を予防してくれます。

大豆たんぱく質
必須アミノ酸11種を含む良質なたんぱく質を豊富に含んでいます。
その結果コレステロール調整効果や、坑肥満効果、老化防止効果が
あります。

大豆パワーとアントシアニンの効果を兼ね備えた黒豆は、
最強のヘルシーフードですね。


黒豆ダイエット方法

黒豆ダイエットにいいと言っても、
豆ばかりをたくさん食べるのは、ちょっと大変です。

さらに黒豆30グラムはごはん茶碗半分の
カロリーがあります。
煮豆以外に、もっと効果的にシアニジンを
摂取する方法が煮汁を飲む方法です。

煮汁には大量のシアニジンが、
なんと煮豆そのものより、10倍もの量が
検出されたのです。

1日に摂る煮汁の目安としては
乾燥した黒豆30グラムをお湯で煮出したもの。

<材料>
黒豆120g(4人分)

水2リットル

<方法>

1.水に浸し5時間つけておく

2.中火で、途中あくが出ますので取り除きながら沸騰させないように5分間煮る。

3.これをあみでこせば完成です

残った黒豆は煮豆にしたり、他の料理にも応用が可能。
そして煮汁は、冷蔵庫で保存すれば3日は日持ちします。


お手軽黒豆茶

いつでも簡単に黒豆を取り入れられる、黒豆茶を手元に
置いて、お仕事や勉強の合間、家事をおえほっと一息つく
ときに是非黒豆茶をお試しあれ…。


<黒豆茶の作り方>

1.急須に大さじ2、3杯分の黒豆を入れます。

2.お湯を注いで3〜5分待ちましょう。

3.お湯が黒っぽくなったら、お気に入りの湯呑みに注いで
 召し上がれ!

健康の素ともいわれる黒豆。
簡単に摂取できる黒豆ダイエットす



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。