ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

きなこダイエット〜食事ダイエット〜

食事ダイエットの種類

きなこダイエット食事ダイエット

きな粉ダイエットとは、きな粉を入れた食品を
摂取することで、きな粉に含まれるイソフラボンも
摂取するダイエット方法です。

きな粉は 別名『畑の肉』と言われる大豆を
炒ってから粉末状にしたものです。
きな粉には、タンパク質、脂質、糖質、食物繊維、
鉄、カルシウム、ビタミンB1、B2など、
いろんな栄養素がバランスよく含まれています。

きな粉は、大豆でできているため、
大豆サポニンや大豆ペプチド、大豆イソフラボンと
いう成分が豊富に含まれていて、脂肪の吸収を
減らしてくれたり、基礎代謝を高めて
脂肪を燃焼させる効果があります。

また、きな粉ダイエットは、きな粉の栄養価の
高さと成分による効果で健康的な体を作ることが
できます。


【イソフラボンの効能】

きな粉には、大豆サポニン、大豆ペプチド、
大豆イソフラボンなど脂肪の吸収を減らしたり、
基礎代謝の効率を高め脂肪を燃焼させる効果が
ある成分が含まれています。

その他食物繊維も豊富に含まれています。


<骨粗鬆症>

女性に多い病気の骨粗鬆症の原因は、
女性ホルモンのエストロゲンが不足するからです。

イソフラボンは、エストロゲンと似た働きを
持っていて、女性ホルモンの減少を
緩和してくれるため、骨粗鬆症の予防になります。

<更年期障害>

女性ホルモン不足により、
肩こり・腰痛・下痢・冷え性・不眠倦怠感などの
更年期障害が引き起こされますが、
イソフラボンには女性ホルモン作用がありますので、
更年期障害予防に有効とされています。

美容効果

イソフラボンには、美白作用、整腸作用、
豊胸作用、保湿作用、生理不順の改善などの
効果が認められています。

きなこに含まれるイソフラボンは、
女性ホルモンのエストロゲンと似た
働きをする成分ですので女性としては、
毎日摂っておきたい成分ですね。


【摂取方法】

きな粉だけでは、摂りづらいと
思いますので、工夫して美味しくきな粉を
摂ってください。

摂取例)

<1>
牛乳や豆乳、ヨーグルト、ココアに混ぜて
飲んだりと結構お手軽なところが人気のようです。
ちみつで味を調整してもOKです。

<2>
1)
豆乳200mlにきなこをお好みで入れて混ぜる。
2)
食事の5分くらい前に飲む。

<3>

お餅や食パンにかけて食べる。

<<注意>>

大豆ペプチドや大豆イソフラボンを
手軽に摂取することができます。
砂糖を入れたい人はダイエットシュガーなどにするのが無難です。

いくら体に良いからといっても飲みすぎに注意してください。





漢方ダイエット〜医療ダイエット〜

医療ダイエットの種類

漢方ダイエット医療ダイエット

漢方ダイエットとは
漢方薬を使ったダイエット方法です。

漢方ダイエットは、体質や体脂肪を重視し、
基礎代謝・新陳代謝をあげて太りにくい体質を
作るというもの。食事制限とは異なり、偏った食生活や
不規則な生活習慣を避ければリバウンドの心配もありません。

代謝アップによるウエスト・太ももの引き締め効果が
期待できる三爽茶や、冷え性・肌荒れに効果のある
婦宝当帰膠など様々なものがあります。

人間は生きている限り新陳代謝を行っています。

漢方医学では気の働きによって代謝が
活発になると考えられています。

漢方ダイエットでは、この新陳代謝の悪くなった体を
改善することが最初のステップです。

冷え性や水太りの人はそれらを解消する漢方を
薬剤師に処方してもらい、体質改善に努めます。

新陳代謝が悪くなっている状態では、通常必要な
エネルギーを摂取しても、体がうまくそのエネルギーを
消費できないためなかなか痩せることができません。

生薬なので副作用はないといわれています。

ただし、自分の体質にあった漢方薬でないと
効果が出にくい、人によっては漢方薬でもアレルギーを
起こすといった理由から自己判断では行わないようにしてください。

漢方ダイエットは、体に備わっている自然の力を
元に取り戻すことが目的です。

漢方ダイエットで、ダイエットの目的を達成し、
また本来自然にある体の力を取り戻しましょう。


<りんご型肥満>

このタイプは欧米食や甘い物、辛い物などを食べ過ぎて、
内臓に老廃物がたまり代謝が追いつかない状態です。

漢方医学では湿熱型、血型と考えています。

つまり湿熱や血という老廃物が体内に溜まっている
状態ですので、大便や尿、汗などから老廃物を
排泄することを中心に考えます。

<代表漢方薬>

防風通聖散
大柴胡湯
九味檳榔湯
温胆湯
通導散
田七

など
 

<洋ナシ型肥満>

このタイプは冷えて代謝が低下している状態です。
それほど食べ過ぎてはいないのに、下半身を中心に
太っています。

場合によってはむくみに近い状態で、
「水を飲んでも太る」といわれるタイプです。

漢方医学では気虚型、痰湿型と考えています。

気の不足により冷えて代謝が低下し、痰湿(水毒)が
溜まっている状態ですので、体を温めて代謝を
活発にすることを中心に考えます。

<代表漢方薬>

防己黄耆湯
当帰芍薬散
二陳湯
胃苓湯
六君子湯

など
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。