ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

焼きみかんダイエット〜食事ダイエット〜

食事ダイエットの種類

焼きみかんダイエット食事ダイエット


焼きみかんダイエットとは
みかんの皮の表面が黒く焦げる程度まで
焼いて食べるといったシンプルな
ダイエット方法です。

みかんの持つ栄養の「ビタミンC」による美白効果や、
「β−クリプトキサンチン」等の 美容と健康に
の効果を十分に引き出し健康と、美容を兼ねた方法です。

みかんは健康や、美容ダイエットに非常に適した
美味な果物といえます。


<みかんの効果・効用>

みかんの外皮を剥いたあとの内皮と
呼ばれる房の袋には ペクチン
(食物細胞を繋ぎ合わせる働きをする天然の多糖類)が
含まれており、 それが炭水化物の吸収を妨げ、
内臓脂肪の蓄積を予防してくれます。

また、未成熟の青いみかんには
シネフリンというアルカロイド
(窒素を含み塩基性を示す有機化合物の総称)が
多く含まれており、 脂肪の燃焼率を高め、
さらに脂肪を分解するリパーゼを活性化させます。

このシネフリンは元々薬として開発されていましたが
後に天然に存在する事が明らかとなりました。

みかんは上記の様なダイエット効果
ビタミンCによる美白効果、 さらには発ガン抑制効果のある
β−クリプトキサンチン等も含まれており、
美容と健康に非常に適した美味な果物といえます。


<食べ方>

「食前に」「青いみかんを1個」「すじ、袋ごと食べる」

これが、みかんダイエットの方法です。実にシンプルですよね?


<みかんを食前に食べる理由>

みかんを「食前に」食べると、みかんに含まれる
ペクチンが、糖の吸収を抑えてくれ、
その後に食べる食べ物の吸収を抑えてくれます。

なので食後ではなく食前に、みかんを
食べるといいのです。


<青いみかんがよい理由>

体内の脂肪を分解したり、燃焼させてくれる
シネフリンという成分が多く含まれるのは青いみかん。
だから、熟したみかんではなく「青いみかん」を
食べると、よりダイエットに効果的なのです。


<みかんを、すじ、袋ごと食べる理由>

糖の吸収を抑えてくれるペクチンが多く含まれるのは、
みかんの、すじや袋の部分。

だから、みかんを「すじ、袋ごと食べる」といいのです。


【効果・効用】

<高血圧の方の体質改善に>

温州ミカンなどに多く含まれる食物繊維ペクチンは、
血中のコレステロール値を抑える作用があります。
また抗肥満作用もあるので血圧の高い方には
ぜひおすすめです。


<アレルギーで苦しんでいる方に>

みかんの中に含まれるヘスペリジン は
アトピー性皮膚炎、ぜん息、じんましんなどの
アレルギーへの効果が非常に高いことが判明しております。

特に成分がよく含まれている「摘果みかん」を
輪切りにして天日で乾燥し、煎じてお茶代わりにしたり、
入浴剤として使っても良いそうです。

ヘスペリジン はこのほかにも、毛細血管の強化、
血圧上昇抑制、コレステロール低下作用、
血中中性脂肪の分解、大腸ガン予防作用などの
健康効果があり、血管そのものを
丈夫にする働きがあります。

ヘスペリジン の含有量は、袋では果肉の50倍、
スジでは果肉の300倍も含まれているそうなので、
袋をきれいにしてみかんを食べるよりも、
そのまま食べる方が健康に良いという事になります。



風邪のひきはじめに効果的> 
(焼みかん,皮の煎じ液)

昔から、ミカンは風邪の特効薬とされてきた。
果実だけでなく皮にも薬効があるという。

ミカン等に含まれるビタミンP は風邪や脳卒中の
予防に有効。

また、みかんに多く含まれ他の果物には
あまりないシネフリン は気管支の筋をゆるめる作用があり、
のどに関係した風邪に効果があるといわれています。

ここでは、風邪に効くと言われるミカンの食べ方を紹介。



焼きミカンの作り方
(身体が温まる)

1.
ミカンを皮ごとよく洗って水気をふく。

2.
そのまま焼き網にのせて、ときどき転がしながら
弱火で焼く。
皮が黒くなるまで じっくりと焼く。

3.
あつあつの果汁を絞り、しょうが汁少々を
加えて飲む。または、絞らないで丸ごと食べる。

ベーグルダイエット〜食事ダイエット〜

食事ダイエットの種類

ベーグルダイエット食事ダイエット


ベーグルダイエットとは、調理パンや
サンドイッチにかえて、ベーグルを食べる
ダイエット方法です。

ベーグルはニューヨーク発のリング状のパンで、
焼き上げる前に蒸したり、ゆでたりする工程のある
ユニークなパンです。

アメリカの定番メニューにもなっています。

また、卵やバターを使っていないので、
比較的に低カロリー、低脂肪、ノンコレステロールと
ヘルシーです。

噛みごたえがあり、腹持ちが良いのも特徴です。

サンドイッチの場合、具によってはカロリーが
高くなるので、
注意しましょう。



<ベーグルとは>
ベーグルは、ニューヨークを中心に
アメリカの毎日の生活で欠かせない食べ物となっています。

他のパンとは異なり、作る過程で「茹でる」ので、
どっしりと重くモチモチとした食感が生まれます。

また、他のパンのように卵やバターを使っていないので、
比較的、低カロリー、低脂肪、ノンコレステロールと、
とってもヘルシー。噛みごたえがあり、よく噛めば噛むほど
甘味がでてきておいしいのです。

※お店によっては「卵」や「油分」が入っている
ベーグルもあります。

気になる方は、直接お店までお問い合わせください。


<ベーグルの基本成分>

ベーグルはグルテンの高い小麦粉、つまり最強力粉で
作られているので、他のパンに比べてたんぱく質が
多いのが特徴です。

つまり、ベーグルを食べれば「たんぱく質と炭水化物」が
バランスよくとれるということになります。

しかも材料はシンプル(最強力粉・イースト・塩・水など)で
添加物を加える必要がなく、一般的なパンの中では
噛みごたえがあって顎をよく動かすことにより、
脳の血液循環にもいいようです。


<ベーグル成分表>

糖質 41.6g
鉄 0.9mg
ビタミンB1 0.06mg
水分 22.6g
カルシウム 18mg
ビタミンB2 0.05mg
たんぱく質 8.7g
ナトリウム 321mg
リン 49mg
繊維他 2.0g
カリウム 78mg
ナイアシン 0.7mg




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。