ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

フルーツダイエット〜食事ダイエット〜

食事ダイエットの種類

フルーツダイエット食事ダイエット


フルーツダイエットとは、朝食にフルーツだけを
お腹いっぱい食べることにより、体内に溜まっている
毒素が排出され、食物繊維の力で便秘も
解消するというダイエット方法

フルーツは各種ビタミンや食物繊維が豊富で
ダイエットにはピッタリの食べ物です。

特に人間にとっての「排泄」の時間帯である午前中に
フルーツを食べると体内の毒素を排出する効果が高まる。

やり方は、朝食に好きなフルーツ1〜3種類ぐらいを
お腹いっぱい食べるだけ。

ただし、フルーツ以外のものは食べないこと。

解毒効果がなくなります。水は飲んでもOK。

100パーセントでも市販のフルーツジュースは
NGだそうです。

お腹がすぐに空いてしまう場合はまたフルーツを
食べ足す。

朝食にフルーツを食べたら、昼食と夕食は好きなものを
食べることができる。

肉か魚を食べる時は、たっぷりの
野菜を一緒に摂るのがよい。


できれば体重と体脂肪を毎日計り、
グラフをつけ自分の状態を把握するようにします。

また、適度な軽めの運動をすることでより
効果があがるそうです。


フルーツダイエットの方法

朝食をフルーツのみにする
1日3食のうち、最初の食事を
フルーツのみにします。

朝食抜きの人は、お昼をフルーツにして下さい。

その他の2食は、通常通りに食べて結構です。

早くやせたい人は、朝、昼の2食を
フルーツにしてもよいでしょう。

3食ともフルーツにするのはダメです。

ストレスがたまり、反動が出やすいのと、
また、栄養のバランスが崩れて、危険です。


3食のうち、お昼ご飯だけ、夕食だけというのも
効果があります。

私は朝食をお勧めしています。

それは、"朝の果物のは金"ということわざが
あるからです。

科学的な根拠はよくわかりません、
そういうときは伝承(ことわざ)に従うのが
一番であろうと思います。


食後のデザートして果物を食べるのは、
ケーキよりはいいと思いますが、
よした方がいいでしょう。

ケーキに限らずに、デザートの習慣自体を
やめたほうがダイエット上いいのではないでしょうか。

食事で血糖値が上がって、さらに、
甘い物で血糖値を上げるのは太るもとのような気がします。



<お勧めフルーツ>

そのときそのときの旬のものが一番いいです。
しかし、あまり気にすることなく、
バナナ、アボガド、トマトでもOKです。

スーパーで安いものを何種類か買って下さい。
食べるときは、一種類を続けるというより、変化を
持たせた方がいいです。

<注意>
冷蔵庫で冷やした果物だと、食べ過ぎると体が
冷えるので、沢山食べる人は、常温の
果物がお勧めです。。


<まとめ>

朝食フルーツダイエットは簡単で
朝食の準備と後片付けに時間がかかりまん。

他のフルーツダイエットについて
○○を3日食べる、○○フルーツだけ食べるというは、
あまりよくない


果物を一種類だけ食べるダイエットをするのはNG。
複数の果物を同時に適量食べることがポイント。




ピラティスダイエット〜運動ダイエット〜

運動ダイエットの種類

ピラティスダイエット運動ダイエット


ピラティスとは
ピラティスは、身体に負担をかけずにバランスの
取れた美しい体型を手に入れられるダイエット方法です。

普段は、なかなか使いにくい体の
一番深いところにある「インナーマッスル」を
鍛えることで、内側の体の歪みを取りのぞくことが
できるようです。

インナーマッスルとは、骨盤の底にある「骨盤底」と、
太ももを付け根から持ち上げている「腸骨筋」のことで、
これらのインナーマッスルが弱ると、
骨盤が開きお尻が大きくなったり、下腹が出たり、
猫背になったりするそうです。

インナーマッスルをしっかりと鍛えれば、
姿勢も正しくなり、美しいプロポーション
手に入るというわけです。

また、ピラティスの際に正しい呼吸法を身につければ、
新陳代謝が活発になり、基礎代謝も上がり、
脂肪燃焼効果も期待できます。


・自宅でできる簡単なピラティスの方法☆

1.
仰向けに寝て膝を曲げ、足の裏を床につけます。
手は腰の横に置き、手のひらを床につけます。

2.
お腹を引っ込めながら体の中の息をすべて
吐ききります。

次に、ゆっくりと肺を膨らませるように
空気を体内に吸い込みます。

この呼吸を10回ほど続け、呼吸を整えます。

3.
呼吸が整ったら、手を頭の後ろへ持っていき、
ゆっくりと頭を起こして足の奥の方向を見るようにします。

呼吸を止めずに、体の中の筋肉を意識し、
スムーズな動作をこころがけることがポイントです。


<ピラティスの由来>

ピラティスは、1890年代初期に
ジョセフ・ピラティスによって考案された、
エクササイズです。

身体の中心であるコアにアプローチをして、
ゆがみや悪いクセを改善し、バランスのとれた
美しいボディラインをつくります。

現在ピラティスには、ヨガ同様、
様々なスタイルがあります。

どんなスタイルでもそのエクササイズを
楽しむことが、成功の秘けつになります。


<ポイント>

呼吸をたっぷりして、体のどの部分が
動いているかを意識しながら、
ゆっくりエクササイズをしましょう。



ピラティスとは
ハリウッドのセレブを中心に火がついて、日本でも
愛好者を増やしている、話題の『ピラティス』。

ピラティスはヨガのポーズを続けて、
より動きながら行なう、呼吸を意識した
エクササイズです。

この運動は1920年代に、
ドイツのジョゼフ・ピラティスが考案しました。

最初は、第一次世界大戦の負傷兵士の
リハビリだったそうです。

その後N.Y.でダンスのトレーニングとして
脚光を浴びて、ダンサー、アスリート、
ハリウッドスター、セレブとブームが
広がったものです。



<<ピラティスの魅力>>

ダイエット効果
美的効果
精神的効果


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。