ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

マクロビオティックダイエット〜食事ダイエット〜

食事ダイエットの種類

マクロビオティックダイエット食事ダイエット


マクロビオティックダイエットとは
普段の食生活を改善していくことで、
体内から美と健康を取り戻す新しいダイエット方法です。

一生続けていくことのできる食事法のひとつとして、
世界中から注目されている方法でもあります。

やせてキレイになりたい・・・
これは女性の永遠の憧れです。

でも、その願望が強すぎるためにダイエット
しすぎで体調を崩してしまったり、かえって
リバウンドをしてしまったり、中には拒食症や
過食症を招いたりしてしまうケースもあります。

それはダイエットをしている多くの人が
体重を減らすことだけにこだわってしまって、
バランスの取れたプロポーション作りや
健康という面をまったく意識していないことが
原因にあります。


マクロビオティックは食事法のひとつなので
急激にやせる効果がでるとはかぎりません。

しかし、体の内側からキレイになり、
一生続けていくことができる誰でもできる
食事法です。

毎日の食事への考え方を
ほんの少し変えるだけで、体や心によい変化を
もたらすマクロビオティックダイエット

身体にストレスがかかる食品
(肉、精製された砂糖、乳製品、食品添加物など)を避け、

玄米、野菜、豆、海草といった食品を、季節や体調に
合わせた選び方と調理方法で、毎日の食事に取り入れます。

マクロビオティックとは、穀物菜食中心の
食生活のことです。

マクロビオティックの食事をすることにより、
食事を通じて自然のエネルギーを、
身体と心に送り込むことができ、人間が
本来持っているはずの、自然のバランスを
取り戻すことができると考えられています。



マクロビオティックについて

マクロビオティックとは、古代ギリシャ語を
語源として「長く健康的に生きるための方法」を
意味します。

マクロビオティックとは
「macro(マクロ)大きい」「bio(ビオ)生命」
「tic(ティック)術・学」の3つの言葉から
なりたちます。

マクロビオティックは、もともと日本人の
桜沢如一氏(1893〜1966)が、日本古来の食養生と
中国の易の陰陽とを融合した哲学です。

マクロビオティックを体系化した桜沢氏は、
1950年代後半から60年代にかけて、
欧米で活躍しました。

現在のマクロビオティックの世界的権威である
久司道夫氏が、この考えを受け継いで、
アメリカで普及に努めていられます。

マクロビオティックは、まずアメリカを
中心に広がり、海外のセレブたちの
健康法として知られています。

マクロビオティックが日本でも話題になっていますが、
これは逆輸入のような形で伝わったものだそうです。

いま、マクロビオティックは美容や健康に
敏感な人たちに新しい食事法として影響を
与えているようです。

食生活が欧米化し、生活習慣病も増えてきています。

そんな中で、このマクロビオティックは、
日本の食生活を見直す方法として、
取り入れられているようです。

マクロビオティックは、健康なだけを
指す言葉ではありません。

日々を健康に過ごすための方法であり、
その要素を含んだものを総合して
マクロビオティック」と呼ぶのだそうです。

歩数計ダイエット〜運動 ダイエット〜

運動ダイエットの種類

歩数計ダイエット運動 ダイエット


歩数計ダイエットとは、1日の生活でどれだけ
歩く事をしているかを知り、数字的に見る
ダイエット方法です。


歩く量が多ければ、歩く事に対しての筋肉を使う事に
なりますから、それだけで運動をしている事になります。

ですが、生活の中での「歩く」事は運動ではありますが、
体脂肪を燃やすという程の運動ではありません。

ダイエットに結びつける為には、1日の歩数を知って
少ない場合は、食事や運動の調整で痩せるしかありませんので

歩数計は目安を見る1つの方法と思う方がよいでしょう。


理想的な方法は、歩数計をつけて、ウォーキングする事が
一番、効率的ではないでしょうか・・・・

ウォーキングで歩数と時間を決め、毎日のチックする行為が
次回のウォーキングの量と質を作り出します。

ダイエットのための正しいウォーキング>

背筋を伸ばして歩幅を普段歩くより広げ、
腕を大きく振り、腰をひねるようにして
早足で歩きます。

かかとから着地し、つま先で地面を
けり出すようにします。

1日15分くらいから始めて、慣れてきたら
30分から1時間くらいに増やしていきましょう。

脂肪は運動開始後20分しないと燃焼しないと
いわれるので、止まらないで歩きたいものです。

これを週に2〜3回。


<歩幅の目安>

普段の歩幅は身長×0.37くらいですが、
ウォーキングの場合は身長×0.45が
目標の歩幅です。

身長160cmの人なら70cmちょっと。
意識して大股で歩くといった感じですね。


<速度の目安>

ウォーキングは少し息がはずむ程度が最も
効果的と思います。

「ハッ、ハッ」というくらいの呼吸で、
さっさっとリズミカルに歩いていきましょう。

腕を大きく振り、腰をひねるようにすると
歩幅も広げやすくなります。

ウォーキングが習慣化すればじっくりと脂肪を燃やし、
痩せやすくするだけという運動ではなくなり、
心肺機能が高まり、運動能力も伸びるでしょう。


<早朝ウォーキングで注意する点>

朝は、空腹により血糖値が低下しているため、
そのままの状態で運動をすると立ち眩み等の
原因になる事があります。

アミノ酸食品やカロリーの低いダイエット食品などを
軽く体内に入れてからおこなうのもよいでしょう。
また、血圧が最も高くなる時間帯でもあるので、
ご高齢の方など体調に不安のある方は
無理をしないようにして下さい。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。