ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

パイナップルダイエット〜食事ダイエット〜

食事ダイエットの種類

パイナップルダイエット食事ダイエット


タイや台湾、また日本では沖縄など、
暑い地域ではパイナップルのような酸味の強い食べ物が
多く生産されています。

パイナップルには、「ブロメライン(ブロメリン)」という、
タンパク質を分解する酵素がたくさん含まれています。

パイナップルは、ビタミンB1を多く含み、さらに
ビタミンB2やC、クエン酸、カリウムも含まれています。

ブロメラインは、肉などに含まれるタンパク質を
アミノ酸やペプチドにまで分解してくれるので、
胃に負担をかけることなく、消化・吸収を助けます。

その結果、タンパク質がきちんとカラダの中で
消化・吸収されるため、ダイエット時に欠かせない脂肪燃焼に必要な筋肉をきちんと
維持できるというわけです。

また、ブロメリンには腸内の腐敗物を分解する
作用もあるので、消化不良や腸内のガス発生などの
症状にも有効だそうです。

(ブロメリンは熱に弱く、60度以上に加熱すると
その効果が失われてしまいます)

※あまり熟していないものを食べると、
消化不良や口の中が荒れてしまうことが
あるので注意しましょう。

夏バテで胃腸の働きがすぐれないという時にもお勧めです。

また、消化、吸収を助ける成分は、ブロメラインで、
パイナップルは、食物繊維が豊富なので便秘解消に効果的です。


<方法>

2通りの方法があります。1つは1日150グラムの
パイナップルを食事やデザートとして食べる方法。

もう1つは1週間ひたすらパイナップルと
水やお茶だけで過ごす方法です。

どちらの場合も、パイナップルといっても
食べていいのは生のものだけです。

なお、あまり熟していないものを食べると、
消化不良を起こしたり、口の中が荒れてしまうことが
あるので注意しましょう。


<特徴>

食物繊維と脂肪燃焼効果でやせられるというもの。

パイナップルの成分が脂肪を燃やしてくれます。

パイナップルは糖質の分解を助け、代謝を
促すビタミンB1を多く含みます。

また、ビタミンB2、C、クエン酸などを含み、
疲労回復や老化防止にも効果的です。

たんぱく質分解酵素のブロメリンを含んでいるので、
お肉料理と一緒に食べるとお肉の消化を助けます。

また、ブロメリンは腸内の腐敗物を分解する作用が
あるので、腸を綺麗にしダイエットしやすい
体づくりにも期待できます。

ただ、ブロメリンは熱に弱いので加熱せずに
デザートとかで食べるのが良いでしょう。

足ツボダイエット〜医療ダイエット〜

医療ダイエットの種類

足ツボダイエット医療ダイエット


足ツボダイエットとは、規則正しい食事と運動といった、
西洋医学的に科学的に根拠のあるダイエットプログラムの中に、
東洋医学的な「足もみ健康法」を取り入れ、
リバウンドのない健康的な身体を手に入れるダイエット法です。

足をもむことで、新陳代謝を活発にし、
ホルモンのバランスを整え、やせやすい身体つくりの
サポートをするのが目的。

身体のあちこちに貯まった老廃物の排泄を促し、
血行がよくなることで、冷えやむくみからも
開放されます。


<方法>

1.
リラックスして、足全体をもみほぐす。
2.
上のイラストを参考に、甲状腺の部分と腎臓膀胱の
部分をもみほぐしたり、強く刺激する(10分程度)。
3.
水分を多めにとる。

便秘や冷え、むくみなどが気になる人にもおすすめ。

休憩時間やバスタイム、どこでもできるダイエットです。

デスクワークなどで一日中椅子に座っていると、
夕方になって足がむくんだり、だるくなったりする方は
多いのではないでしょうか。

足のむくみは腎臓などに障害がある場合もありますが、
大抵は同じ姿勢をとり続けたために起こる筋肉の疲れや
血行不良が原因です。

また、長時間歩くなどでの足の疲労もむくみの
原因になります。

常に足先が冷たかったり、足がむくむのは、
血行やリンパの流れが悪く、老廃物や余分な水分が
溜まってしまっている証拠です。

この状態をそのままにしておくと、溜まったものが、
脂肪細胞の周りにくっついて、大きな固まりを
つくってしまいます。

これが、いわゆる「セルライト」です。

セルライト」ができてしまうと、血管が
圧迫されてしまい、ますます血行やリンパの流れが
悪くなり、さらに疲れやすくむくみやすい
脚になってしまうのです。


<ポイント>

食事では、塩分を控えることが非常に大切です。

外食やおそうざいでは、知らず知らずのうちに
ナトリウムのとりすぎになる心配があります。

また、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどの
ミネラル豊富な野菜、豆、海草などを積極的に
食べることも効果がありますよ。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。