ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ヴァームとプロテインダイエット 運動でダイエット

ヴァームとプロテインダイエット 運動でダイエット



プロテインダイエット 運動ダイエット

プロテインダイエットって聞いたことありますか?
プロテインというと筋肉ムキムキの男性が飲んでいるイメージがありますね。
しかしプロテインと運動を組み合わせると筋肉を鍛えることはもちろん、ダイエットにもなるそうです。
今回はプロテインについて調べてみました。
水に溶かすことなく栄養にするためには、消化してアミノ酸に分解しないと腸から吸収できません。

本格的なプロテインダイエットをするなら、体重×2gのプロテインの摂取が目安です。
軽いトレーニングなら、体重×1〜2gくらいの摂取が丁度いいでしょう。
プロテインを飲みすぎると内臓を痛めることになりますし、効果が出やすいというわけでもないので十分に注意してください。
その時の食事の内容にもよるのですが、運動をしないでプロテインを飲むと、タンパク質過剰になってしまう場合があります。
タンパク質が過剰になると脂肪として体内に溜まり、脂肪にならなかったタンパク質は尿となって排出されるので腎臓に大きな負担がかかってしまいます。
食事とプロテインで、どれくらいのタンパク質を摂取しているのか確認しながら飲めばこれらは回避できるかもしれません。
運動をしてない人で体重×1g、運動をしている人で体重×1.5g、アスリートで体重×2gが目安だそうです。
効果がある飲み方としては、トレーニング後30分経ってからと、就寝30分前に飲むことです。


ヴァーム 運動ダイエット

薬局やスポーツジムなどに必ずと言っていいほど「ヴァーム」というドリンクが売られていますよね。
ドリンクだったり粉末だったりいろいろな種類が売られていますが、このヴァームとはどのような飲み物なのでしょうか。
ヴァームは、17種類ものアミノ酸をバランスよく配合したスポーツ栄養ドリンクです。
ヴァームを飲んでから運動すると、体内の糖質よりも先に体脂肪が燃焼するので持久力と集中力がアップした状態になります。
体のメカニズムから考えて、一番体脂肪が燃焼されやすい時というのは空腹時なのだそうです。
そんな空腹時に運動を行うと、効率よく体脂肪がエネルギーに使われるということです。
ですから運動前にヴァームを飲めば、効率的に脂肪が燃やされるのです。
では、運動前のいつ飲んだら一番いいのでしょうか。
決められた時間というのはありませんが、体を動かす前の負担の少ない時に飲むのがいいそうです。
運動の直前でもいいのですが、飲んだすぐに運動すると胃が重たくなるという方もいると思いますので運動の20〜30分前位がいいそうです。
基本的に運動と組み合わせることによってダイエット効果が得られるというものなので、飲めば痩せられるということはありません。
しかし日常生活で脂肪を有効的に燃やしたいという方は、家事や買い物の前などに飲むと効果があるでしょう。


運動ダイエットでの消費カロリーと効果的な時間帯

運動ダイエットでの消費カロリーと効果的な時間帯


運動ダイエット 効果的な時間帯

ダイエットに運動がかかせないということはみなさん御存じだと思います。
しかし1日の中で時間を選び出して運動することって意外と難しいですよね。
ダイエットの効果がもっとも出やすい時間帯というのは存在するのでしょうか?
今回は運動ダイエットに効果的な時間帯について調べてみました。
エネルギーをよりよく消費して体脂肪を燃やしたいという方は早朝や午前中に運動するとよいと言われています。
夜間と比べると、その差はなんと10%ほどと言われています。
その証拠に朝食から昼食までの時間が昼食から夕食までの時間が短いのは午前中のエネルギーの消費量が多いためなのです。
エネルギーの消費量が多いと、早くおなかがすきますよね。
ですから早朝や午前中に運動することによって交感神経のスイッチを早く入れることができ、代謝を高め、脂肪を燃焼しやすい体作りをすることができるのです。

もうひとつ、筋力や基礎代謝量を上げたいという方には夜間の運動がいいそうです。
脂肪も落として筋力もつけたいという方には朝と夜に20分でもいいので運動するといいでしょう。
筋力トレーニングやジョギングなどの本格的な運動じゃなくても、買い物や家事などで体を動かすだけでも十分効果がありますので、試してみてはいかがでしょうか。


運動ダイエット 消費カロリー

実際に運動してダイエットしている方、自分が行っている運動がどれくらいのカロリーを消費できているか知っていますか?
なかなかそこまではわからずに行っている方が多いと思います。
運動してもなかなか痩せないという方のために、今回は日常生活や運動の消費カロリーについて調べてみました。

まず日常生活での消費カロリーです。
男性と女性では体の大きさが違うのでもちろん消費カロリーに差は出てきますが、女性が好きな立ち話や身支度といった簡単なことで結構なカロリーを消費するのです。
普段何気なくやっている家事でもダイエットになるというのは本当なのですね。
次に運動での消費カロリーですが、断トツで多いのは男性限定で水泳(クロール)です。
女性で多いのはランニングなのです。
男性と女性で、しかも運動方法によってまた消費カロリーは変わってくるんですね。
しかし男女どちらにしても水泳での消費カロリーはとても多いです。
クロールはもちろん、平泳ぎでもです。
水の抵抗が影響しているのでしょうか。

このように動作や運動の種類によって消費カロリーは違ってきます。
自分がどの程度の目標なのか把握して、食事制限をするなら摂取カロリーについても調べて、ダイエットの計画を立てて行けるといいですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。