ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

酸素ダイエット〜生活ダイエット〜

生活ダイエットの種類

酸素ダイエット生活ダイエット


酸素を取り込んで新陳代謝を向上させるという
ダイエット方法です。

有酸素運動を行うのとおなじ仕組みで脂肪を
燃焼させることを目的とします。

普段何気なく行っている呼吸に、
より多くの酸素を取り込む。
画期的なダイエット方法です。


酸素ダイエットとは新陳代謝を活発にするので、
脂肪を効率よく燃焼させます。

新鮮な酸素を吸うだけで、細胞や脂肪分解酵素が
活性化され、ダイエットが期待できるといわれています。

皮膚の表面にある汗腺や皮脂腺からは、
たえず水分や油分が身体の外に排泄されています。

つまり、身体の中で不要になった老廃物を、すこしずつ
外側の変化を気にしながら下水道に捨てていることに
なっています。

新鮮な酸素をたくさん補給することは、
身体のすみずみの細胞による代謝活動を活発にし、
体内のガス(一酸化炭素、二酸化炭素)、
その他不純物の排泄(特に便秘によい)を促進すると
言われています。

そのため自然に皮膚や肌の艶が出て、血行がよくなり
健康な身体がつくられることになるのです。

酸素は肺と皮膚から取り入れるだけでなく、
飲料に含んで取り入れる事もできます。

酸素を取り入れることで、健康的で快適な生活を
サポートすることができるのです。


<酸素とは>

酸素は人間のエネルギーを生み出す源です。

酸素なくしては人間は生きていけません。

この酸素をいかに効率よく摂取し、消費するかで、
私たちの身体のエネルギー生産に大きな
差がついてきます。

人間のスポーツ時の酸素の摂取量は、
通常の呼吸の5倍〜10倍以上も要求されるのです。

通常よりも多量のエネルギーを
必要とするスポーツ時には、
それに応じた酸素量が必要になるわけなのです。


<酸素が不足すると>

私たちが呼吸をするたびに、酸素は肺を経由して
血液に取り入れられ、20mlの比率で赤血球に
取り入れられます。

人間の健康状態は自身の酸素供給能力によって
決まってきます。

しかし、現代社会の不摂生な生活、運動不足、
無理なダイエット、タバコやお酒、ストレスなどで
身体が慢性的な酸素不足になっており、
虚弱体質、新陳代謝の低下、病気に対する抵抗力の低下、
身体のだるさ、血液の汚れなど、健康を
保つのが難しくなってきます。


<方法>

栄養素が体内で燃焼しエネルギーとなるには、
酸素が必要です。

普段から意識して酸素を体内に取り入れるように
しましょう。

呼吸方法は、肺の換気量を効率良く増やすのに
一番適している腹式呼吸がいいでしょう。

腹式呼吸を意識的にすることで、
リラクゼーション効果があるそうです。

食べ物・飲み物から酸素を摂取できるという商品も
販売されていますので、試してみるのもいいでしょう。

また、濃縮酸素を鼻に入れた管から吸い込む
「酸素バー」というのもあるようです。

サウナダイエット〜生活ダイエット〜

生活ダイエットの種類

サウナダイエット生活ダイエット


サウナダイエットとは、サウナに繰り返し入ることで
発汗を促し、発汗をする過程でエネルギーを
消費して痩せるダイエット方法です。

サウナは遠赤外線の効果で新陳代謝を良くして、
デトックス効果も抜群です。

その上ダイエットにも効果があるのですから、
最高です。

激しい運動ができない中高齢者にとってはうれしい
ダイエット方法です。

サウナで効果的に汗をかき代謝を高めます。


サウナダイエットの方法

サウナで効果的に汗をかき代謝を高めます。

基本は、サウナに8〜12分入り汗を出し、
外気浴や水浴びなどで冷却。10分程度の休息や
仮眠で体を休めます。

ただし、これはあくまでも目安なので、
慣れない人は時間を短くするなど、自分で調節しましょう。

また、サウナ内は上段に行くほど温度が高く、
100度近くにもなります。

一方、下段のほうは70〜80度くらい。

慣れないうちは下段に座ったり横になるといいでしょう。

大量の汗をかくので、入浴後は水を
たっぷりとることも忘れずに。

※サウナでの汗は水分のみで、脂肪はなくなりません。

定期的にサウナに入り、代謝を高めることで、
痩せる体質になっていくのです。

食事療法も平行して取り入れたいダイエット方法です。


【効果】

<血液の流れがスムーズになる>

サウナに入ると、温熱作用によって手足、
皮膚などの末梢血管が広がって血行がよくなります。

また、入浴後に冷水浴をすることによって、
血管の拡張と収縮が繰り返され、自律神経が刺激を受けて、
血管の柔軟性が鍛えられます。

そのため、慢性のリウマチ性関節炎や、自律神経失調、
更年期障害にも効果があるといわれています。



サウナでは水分が蒸発するだけで、体脂肪は燃えません。

ですから、サウナでやせたと思っても、
入浴後に水分を補給したら、体重はすぐにもとに戻ります。

では水分を補給しなければいいのか、と思うのはまちがい。
水分摂取を怠ると、いわゆる脱水症状を起こし、
血液ドロドロの状態になって、
血栓ができやすくなってしまいます。

ですので、サウナは血液循環・慢性のリウマチ性関節炎や、
自律神経失調・更年期障害などの効果を
期待した方がいいかも。。。です。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。