ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

キャベツダイエット〜食事ダイエット〜

食事ダイエットの種類

キャベツダイエット食事ダイエット


キャベツダイエットとは
カロリーがほとんどなくて、食物繊維やビタミンCを
豊富に含むキャベツをダイエット
利用してしまうというダイエット方法です。

キャベツには100gあたり23kcalしかなく、
ビタミンCを豊富に含んでいて
美肌によく、食物繊維も含んでいるため、
便秘にもなりにくくなります。


やり方はいくつかあります。

<置き換えキャベツダイエット>

ごはんの代わりにキャベツを食べます。

カロリーが大幅に制限できる代わりに、
栄養が不足してしまうおそれがありますので、
毎食置き換えはやめましょう。


<食前キャベツダイエット>

食事の前に一定量のキャベツを
バリバリ食べることによってお腹を
いっぱいにすると同時に、かむことによって
満腹中枢を働かせ、食事の全体量を減らすダイエットです。

一回分は、1/6玉くらいが適量です。
他のダイエット方法と同じく、タンパク質などを
とるのを忘れずに。

ご飯も軽めに食べましょう。


実際にはどんな種類のキャベツダイエットが
あるかといいますと、キャベツダイエットは
大別すると4つの利用法があるんです。

1.
単品ダイエット(キャベツ断食)

2.
主食等をキャベツに置き換えするキャベツダイエット

3.
ヘルシー料理の食材としてキャベツを
使用するキャベツダイエット

4.
咀嚼の回数をふやす目的でキャベツを食べる
キャベツダイエット


<注意>

いくらキャベツだからといって、
ドレッシングやマヨネーズ(高カロリー!)を
かけて食べたら、何の意味もありません。

お酢、塩などで軽い味付けをしたり、
おかずと一緒に食べたりしましょう。
のオススメは、バルサミコ酢でちょっと
イタリアンなキャベツです。

<<注意>>

単品ダイエットは、栄養が偏ったり、
極端にカロリーが制限されたりして、
健康を害する元です。

リバウンドの原因にもなります。

毎食置き換えずに、適度な食事をしてください。



ダイエット食品ダイエット〜食事ダイエット〜

食事ダイエットの種類

ダイエット食品ダイエット食事ダイエット


ダイエット食品とは、原料の配合を工夫したり、
特殊な食材を用いることで、通常の食品に比べてカロリーを
大幅にカットした加工食品のことです。


ダイエット食品は、通常の製品に比べて
カロリー(エネルギー)を低くした加工食品のこと。

ダイエット食品と一口にいってもとても色々な
種類のものがあります。

まずは糖分控えめ。

つまりは甘みがあって、しかもエネルギー(カロリー)が
少ない甘味料が使われている食品が代表的。

大豆加工食品も、ダイエット食品としてあげられます。

粉末や顆粒状のプロテインを水や牛乳に
溶かして飲むと、タンパク質を摂ることができ、
かつ胃の中で膨れるので満腹感が得られるため
ダイエットには重宝な存在です。

脂肪分を抑えた食品なんかもあります。

牛乳の代わりに脱脂乳を使ったミルクなどです。

しかし、脂質は減ってるかもしれませんが
タンパク質や等質の量が増えている場合などもあるので、
全体のカロリーとしての減りは少ないなんて場合もあります。

また食物繊維を加えた食品もあります。

これは同じ分量で食物繊維が多いとエネルギーが
減少するためダイエット食品といわれます。

ダイエット食品の中には、単に低カロリーなだけでなく、
脂肪や炭水化物の燃焼効率を高めるための成分や、
便秘解消・デトックスを目的として食物繊維を
配合したものなども製品化されています。

ダイエット食品は「低カロリー食品」として、
肥満の人や糖尿病患者の食餌療法のために
作られたものでしたが、現在は、いわば健康食品の
一つとして、若い女性たちの間でブームとなっています。

ダイエットの方法は、大きく分けて、
食事のコントロールによるものと、
運動によるものとがあります。

食事のコントロールによるダイエットには、
食事制限を行なう方法や、脂肪や炭水化物の
燃焼効果を高める食品をとる方法などがあります。

食事のコントロールによるダイエットを行なう場合、
栄養が偏りやすくなり、それによって健康を
害してしまう場合も少なくないので、注意が必要です。

運動によるダイエットの方法には、
ウオーキングやエアロビクス、ストレッチ、
あるいは特殊な運動器具を用いるものなどがあります。

規則正しい運動習慣を身に付けることは、
ダイエットのみならず、健康維持という点でも
メリットが大きいといえるでしょう。

いずれの方法をとるにせよ、無理をせず、
目標体重に合わせて、自分に合ったダイエットの方法を
探していきましょう。


<<注意>>

いろいろなダイエット食品が販売されていますが、
中には悪質な食品がないとも限らないです。

成分表示などを十分確認して、摂取することを
お勧めします。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。