ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

自転車ダイエット〜運動ダイエット〜

運動ダイエットの種類

自転車ダイエット運動ダイエット


自転車ダイエットは自転車に乗ることで
カロリーを消費しようというダイエット方法です。

自転車なら時速15キロメートル程度のスピードで
30分も走れば、100キロカロリーくらいは消費します。

ペダルをこぐことで運動量は増します。

また他の有酸素運動であるウォーキングや
スイミング、マラソンなどは1時間も続けるのは
人によっては大変です。

ところがサイクリングだとどうでしょう。

まだまだ行けるという感じで気分的にも快適ではないでしょうか。

またジョギングだと足に負担がかかりますが、
自転車はそれも軽減されます。

自転車こぎで基礎代謝もあげることもできます。



自転車ダイエットの方法

自転車ダイエットは自転車に乗る運動で
痩せようというダイエット方法です。

最近はタイヤに空気の入っていない自転車ダイエット用の
ものも売られているようです。

わざわざサイクリングの時間をとらなくても良いのが利点です。

日頃、電車や車で行くところを自転車に変える事で
実行可能にできます。

運動量がグーンと増えるだけでなく、
ラッシュも避けられるので、通勤ストレスも緩和できます。

風や季節を感じながらの自転車をこいでいると、
ダイエットをしているのではなく、楽しいひとときを
過ごしているように感じられます。

それでいて足がほっそりとするだけでなく、
ヒップアップに効果が絶大です。

ヤクルトの人が自転車をこぐので、
お尻がキレイという調査結果があるらしいです。


<ポイント>

週に2〜3回、15kmの速さで最低30分走る。

脂肪が確実に燃焼されるということで
長い間親しまれている有酸素運動

なかでも自転車エクササイズはマラソン、
水泳といったハードな運動よりも
手軽にできるということで注目されています。

有酸素運動のほかに、ヒップアップや
足の引き締めにも効果が見られます。


自転車ダイエットトレーニング レシピ>

 1.できるだけ毎日乗ること。
 2.少なくとも30分以上走ること。できたら1時間ぐらい。
 3.最大心拍数の50%から70%を守ること。
 4.ケイデンスは、70rmpぐらいに保つこと。
 5.無理をしないで、楽しんで乗ること。
 6.交通事故には気をつけて。



ステッパーダイエット〜運動ダイエット〜

運動ダイエットの種類

ステッパーダイエット運動ダイエット


ステッパーダイエットとは家庭用足踏マシン、
ステッパーを使ってウォーキングなどと
同様の運動をし、運動消費カロリーを増やす下半身を
中心としたエクササイズです。

ステッパーは、コンパクトなものがほとんどであり、
家に場所がなくてもステッパーに乗り交互にペダルを
踏むことで、簡単にトレーニングが可能です。。

ほとんどのものは、ステップ数や消費カロリー、
時間などが表示されるので、目標を決めて毎日続けやすいという
メリットも含んでいますので是非継続させてください。

運動自体もそんなに激しくない上、自分のペースに合わせて
運動することができるのもよい所です。

最近ちょっと運動不足だな、と感じる人や、
ダイエットをしたい人にお勧めの器具です。

テレビを見たり、音楽を聴きいたり、本を読んだり、
と何かをしながら運動ができるので、
続けやすいダイエット法です。

毎日続けることで筋肉の衰えも予防してくれます。

ステッパーは、各メーカーいろいろな商品が発売されているので、
機能を確認して、お好みの商品で始めてみましょう。

毎日続けることで、筋肉の衰えを予防することにもなるのです。

人間の場合、全筋肉量の約2/3が下半身に
集中しているって、ご存知ですか?

ももの部分には「大腿四頭筋」「大腿二頭筋」と呼ばれる、
からだの筋肉の中でも特に大きな筋肉が集まっています。

つまり、普段の運動不足解消や体力アップ、
シェイプアップには、下半身の筋肉を刺激することが
大切なのです。

【方法・ポイント】

<初めは30分から>

体の脂肪を減らすことを目的としてやるのであれば、
基本的にはステッパー運動を30分〜45分くらいやる必要があります。

最初は大変で続けられない人は、間をあまりあけないようにしながら
分割もOK。

まずは、10分やって10分休んでを1セットとして、
3セットやってみましょう!


<負担の調整>

ステッパーには負荷がついているものがありますが、
負荷はむやみに重くしても、体の脂肪を
減らすことにおいては意味がありません。

何を基準に効果的な負荷やピッチを
決めればよいか?

「それは脈拍」

ステッパーをやりながら自分で脈拍を測ってみて、
20代の女性であれば1分間に120〜140回の間に入っていれば、
適正な負荷とピッチと言えます。
30代であれば110〜130回、40、50代であれば、100〜120回の間に
脈拍が入るように調整してください。


<実行のタイミング>

ステッパーをやる時間は、基本的に食後すぐは避けてください。

体の脂肪を落としたい場合、食事をして1時間くらいたって
十分に血糖があがっているときよりも、
「少しおなかが減ってきた」ぐらいのときが
脂肪は分解しやすくなっています。

一番いいのは夕食前か、昼食前の午前中がお勧めです。

みなさんがよくやる夕食と寝る前の間は
あんあまりよくありません。

血糖が血中に十分あれば、糖質を優先的に使いますので、
運動しても脂肪は燃焼してくれないからです。

「夕食を食べ過ぎたから、その分のカロリーを
ちょっと運動をして消費しよう」という風に考えても、

脂肪はそのようには燃えてくれないのです。

ただし、すごくお腹がすいてフラフラしているようなときも、
筋肉が分解されてしまいますのでダメです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。