ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

脂肪吸引ダイエット〜医療ダイエット〜

医療ダイエットの種類

脂肪吸引ダイエット医療ダイエット


脂肪吸引とダイエットとは

脂肪吸引とは「手術による部分やせ」といわれるように、
手術で痩せる方法の一つです。

脂肪吸引とダイエットは手術を行うということのほか、
脂肪へのアプローチの仕方が根本的に異なります。

では、脂肪吸引とダイエットとの違いについてご説明します。


脂肪吸引とダイエットの違い

まず、「脂肪」と「脂肪細胞」について説明します。

脂肪は食事等で体内に入ると血液を流れます。

そして、何もしなければ「脂肪細胞」と
いわれる細胞に取り込まれます。
(有酸素運動をすると脂肪が燃えます。)

有酸素運動をすると脂肪が燃えます。

ここで少し有酸素運動について説明します。

<有酸素運動をすると、脂肪が燃焼するのか>

1.
脂肪は食事によって体内に入ると、まず血液中を
流れはじめます。
2.
同じように血液中に溶け込んでいる酸素が、
脂肪と結合します。
3.
脂肪と結合した酸素は、脂肪とともに燃焼します。

よって、有酸素運動をすることによって、酸素が血液中に
適度に多く取り込めれば、より多くの脂肪と
結合し燃焼させられる、というわけです。

ただし、ここで燃焼するのは、
体に入ったばかりの脂肪です。

すでに体に溜まっている体脂肪が燃焼するには、
有酸素運動をはじめてから20〜30分の時間が必要です。

溜まった体脂肪を分解する酵素「リパーゼ」は
体温により活性化します。

「リパーゼ」を活性化するのに必要な適温
(普段よりプラス1〜2度)にまで体温が上昇するのには、
通常20〜30分時間を要するためです。

運動を始めてすぐに体脂肪を燃やしたい場合には、
「リパーゼ」を強制的に活性化させる目的で
アミノ酸を摂る、というアミノ酸ダイエットなどがあります。


有酸素運動について理解していただけたところで、
脂肪吸引の続きに戻りますが、

体内の脂肪細胞は脂肪を取り込んで大きくなることで、
身体を保温します。

また、エネルギーを蓄えるという重要な働きも持ちます。

ですから脂肪細胞レベルでいえば、「太る」とは
脂肪細胞に脂肪をとりこみすぎてふくらんだ状態です。

逆に、「痩せる」とは脂肪細胞に余分な脂肪が
蓄えられていない状態です。

つまり、いわゆる「ダイエット」は、
(食事制限や適度な運動によるダイエットですね。)
この脂肪細胞の大きさを調整することになります。


では、脂肪吸引とは

脂肪吸引は脂肪細胞自体を除去する、
つまり脂肪細胞の数を減らす手術です。

脂肪細胞自体を減少させるので、仮に最大限脂肪が
蓄積されたとしても脂肪細胞が通常数の場合より太っては
見えにくい、ということで「リバウンドがない」と云われています。

ようするに、脂肪細胞を小さくするのがダイエットで、
脂肪細胞自体をとっちゃうのが脂肪吸引なんですね。


豆乳バナナダイエット 〜食事ダイエット〜

食事ダイエットの種類

豆乳バナナダイエット食事ダイエット


豆乳バナナダイエット」は、健康優良食品である
豆乳とバナナの強力タ組み合わせをしたドリンクを
飲むダイエット方法です。

豆乳に含まれる良質のたんぱく質はダイエットの
必須アイテムです。

また豆乳に多く含まれるイソフラボンは
女性にとって大注目の栄養素です。

なんと女性ホルモンと似た働きがあり、
ダイエットをすると起こりがちな骨の弱体化や
ホルモンバランスの崩れなどを防いでくれます。

バナナは食物繊維が豊富で便秘に効く上に、
大豆タンパクを分解し、代謝を促進します。

食事量を減らすだけで、食事の回数はそのままです。

よって食事制限がないので、リバウンドの可能性もありません。


<方法>

豆乳バナナダイエット」とは豆乳バナナドリンクを
飲むダイエット方法です。

作り方はまず豆乳100ミリリットルとバナナを
1本用意します。

3センチに輪切りしたバナナを豆乳と
共にミキサーに入れます。

約30秒間程回し、作ったらすぐに飲みましょう。

できあがった豆乳バナナドリンク
1日にコップに1杯から2杯くらい飲んでください。

1杯分にはおよそ150キロカロリーがあります。

ポイントは食事前30分から1時間前に飲むことです。
これで満腹感を得られるはずです。

特に夕食前がオススメですよ。

食事の変わりに豆乳バナナドリンクを飲むのは厳禁です。


【豆乳バナナを効果的に飲んで上手にやせるために、
毎日の生活にうまくとり入れたい4つのコツを活用下さい。】

<基本は1日1〜2杯>

コップ1杯
(1杯分のエネルギー量はおよそ150kcalを1日1回か2回、
食事の前に飲んで、食事の量を減らすようにしてください。)

遠回りのように思うかもしれませんが、
ダイエット中でも3食を規則正しく食べることが
上手にやせるコツです。

ふだん朝食を食べていない人は、
朝食がわりに豆乳バナナを飲むといいでしょう。

果物に含まれる果糖は、朝から昼にとれば、
エネルギーとして消費されてしまうという
メリットもあります。


<夕食前が効果的>

一番のおすすめは、夕食の前に1杯飲んで、
夕ごはんの量を減らすパターンです。
(量の目安は、ごはんを半分にするか食べない。
おかずは半分程度に)

豆乳バナナは満腹感があるので、
どか食いを避けることができます。

食事をする30分から1時間前に
飲んでおくといいでしょう。

食事がわりに飲むと早くやせますが、
その場合はほかの2食の栄養バランスが
偏らないよう気をつけてください。
「間食がどうしてもやめられない」という人は、
おやつがわりに豆乳バナナを飲むのもいい方法です。


<+αでよりヘルシー>

豆乳バナナに限らず、長期的にダイエットを
行っていると、カルシウムが不足しがちです。

ふだんの食事では、カルシウム補給のために
牛乳やひじきなどを多くとるようにしましょう。

また、ダイエットで食事の量が減ると、
便秘が起こりやすくなります。

食物繊維を多く含む野菜、海藻、キノコなどを
たくさん食べるよう心がけてください。

豆乳バナナにはさまざまな栄養成分が含まれていますが、
ビタミンHは少なく、ビタミンK・Dだけは含まれていないので、
納豆や貝類、シイタケなどをとると
バランスのとれた食事になります。


<ストレスをためない>

ダイエットの大敵はストレスです。

食べたい欲求をがまんしつづけて暴飲暴食を
起こしてしまっては、せっかくやせても元の木阿弥。

豆乳バナナは満腹感のある飲み物なので、
おなかがすいてがまんできないというときに最適です。

ストレスがたまると、食事の量を減らしていても
なかなかやせないということがよくあります。

気分転換したり、「週に1度だけは和菓子を食べてもOK」など、
気持ちに余裕を持って、ストレスをため込まない工夫を
するようにしましょう。


豆乳バナナの変色防止

できた豆乳バナナが茶色くなるのが気になる。

そんなときは、ミキサーを回す前にレモン汁を加えます。

分量はおよそ小さじ1杯。酸化防止になり、
変色を防ぐことができます。

豆乳の臭みも消え、ビタミンCの補給にもなりますので、
ぜひ試してみてください。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。