ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

プロテインダイエット〜食事ダイエット〜

食事ダイエットの種類】

プロテインダイエット食事ダイエット


プロテインダイエットとは、プロテインは
アミノ酸でできています。

アミノ酸を摂取することで、脂肪を分解しやすい体の状態に変化します。

この分解しやすい状態で有酸素運動を行うことでダイエットします。

また、栄養がたかく肌のハリやつや等にも効果があります。


プロテインダイエット方法

運動する前に、プロテインを牛乳等に溶かして摂取します。

長時間の有酸素運動の前には、軽い食事とプロテインを
とったほうがよいでしょう。

比較的短時間(1時間を目安)なかる目めの運動には、
食事の代わりにとったほうがよいでしょう。


プロテインダイエットは効果

運動をしなければなりませんので、運動を
常時している人には効果があります。

運動しない人にはまったく意味がありません。

プロテインダイエットは、よく運動をする人に向いています。
プロテインダイエットは有酸素運動を取り入れることによって
効果が発揮されます。

カロリー制限系のダイエットではありませんので、
他のカロリー制限のダイエットと組み合わせることができます。


<プロテインは重要な働き>

どちらかというとプロテインはサプリメント(健康補助食品)として
知られていますが、実はタンパク質のことで、私たちの体を構成する、
大変大事なものなのです。筋肉、骨、血液、心臓、爪など
体のあらゆるところがプロテインでできており、
プロテインは私たちの体の最も基本的な栄養で、
生存には欠かすことができない重要なものなのです。

いくつかあるプロテインの種類には次のものがあります。

大豆プロテイン
大豆からつくられるプロテインです。

ミルクプロテイン
牛乳からつくられるプロテインです。

ホエイプロテイン
牛乳のホエイとカゼインからつくられるプロテインです。

エッグプロテイン
卵白からつくられるプロテインです。

こうしたプロテインの摂取をお勧めするのは、
外食の多い人、インスタント食品をとることが多い人や
激しいスポーツをする人です。

また最近は、ダイエット後のリバウンドなどを防ぐために
利用されています。

摂取カロリーの不足から、蛋白質も摂取不足となり、
体重は減っても、筋肉や基礎代謝が大きく落ちて、
ダイエット後に体調不良となったり、リバウンドを起こす場合があります。

このため、プロテインはこれを防ぐために使われています。

朝だけプチ断食〜食事ダイエット〜

食事ダイエットの種類】

朝だけプチ断食食事ダイエット


名前の通り、朝はジュースや水分だけを摂るという
ダイエット方法です。

朝の食事は水分(100%野菜ジュースやお茶など)のみを摂り、
午前中も水分のみを摂ります。

でも、昼食と夕食はいつも通り食べます。

このダイエット
「腸内の老廃物を出すのが活発な朝に断食をして宿便をなくす」という
目的があります。


今流行りの「デトックス効果」が期待できる、
手軽にできるダイエット方法と言うわけです。


朝、全然食べないと言うわけではなく、
100%の野菜ジュースやバナナジュースなどを食事の替わりにとるので、
栄養のバランスも良くなりそうです。

事例として
「朝をにんじんジュースにして、1ヶ月で3キロ落ちました。」などの
声もあるらしいです。


【問題点】

【朝だけ食べなければ痩せるというものではありません】

朝だけ断食しても、昼と夜は何も考えずに
沢山食べていたらお相撲さんと同じです。

余計に太ってしまいます。

一度の食事で沢山食べる人の方が
体脂肪はつきやすいからです。

昼と夜もバランスの良い適度な食事を取り、
運動を心がける必要があります。

【断食の危険性】

断食法には賛否両論があります。

確かなことは、無理な断食を続けると健康上の
様々なトラブルが発生します。

健康を維持するためには様々な栄養素が
必要ですから、これらの補給がストップすれば
体に異変が起こるのは当然です。


<ポイント>

断食による健康法ダイエットを勧める本や雑誌の
記事を良く見かけますが、正しい方法を
しっかり理解して実行すること、また、慎重にその方法を
見極める目を持つことが大切です。

断食によって体に異変を感じたら、すぐにその断食を中止して、
体調が戻らないようであれば医療機関を受診するようにしましょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。