ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

りんごダイエット〜食事ダイエット〜

食事ダイエットの種類】

りんごダイエット食事ダイエット


りんごダイエットとは、3食3日間りんごだけを
食べて、体重を落とすだけでなく、便秘を解消し、
体の毒素を排出して体質改善する
短期集中ダイエット法です。

使うりんごは、赤リンゴではなく、
青リンゴを毎食前に摂取します。

青リンゴに多く含まれるリンゴポリフェノールには
ダイエット効果があり、そのリンゴポリフェノールに
含まれるプロシアニジン(青リンゴは赤リンゴの4倍)が、
脂肪の吸収を抑え燃焼させる効果があると言われてます。

りんごは腸の掃除をするのに良いと言われており、
大量に食べることで便秘を解消します。

3日間りんごだけを食べるので体の毒素を
排出する効果がありますが、食べる期間は3日間を
必ず守りましょう。

体重が落ちたからと言ってりんごダイエット
続けると基礎代謝が低下し、リバウンドしやすくなります。

3日間りんごを食べる量は特に決まっていません。

3食に限らずお腹がすいたらいつでもりんごを食べましょう。

ダイエットで食べるりんごは、
体のためになるべく無農薬または減農薬のものを選びましょう。

またリンゴダイエットの3日間が終了したらすぐに
普通の食事に戻すのではなく、おかゆなど消化のよいものから
食べ始めて徐々に胃腸を慣らしていきましょう。

断食ダイエットに近い為、
行った多くのダイエッターがリバウンドしているという
説もあります。

実行については各自の判断ですがリバウンドする可能性もあると
いう事は十分念頭に入れておいてください。


【摂取の仕方】

1.
青リンゴを朝・昼・晩と食前に半分、1日に1個半を食べます。
2.
食べる時は皮ごと食べます。
※皮にはプロシア二ジンが多く含まれている。
3.
上記を2週間続けます。
※効果が得られない時は中止してください。

りんごでダイエットが向いている体質】

(1)便秘気味の人
(2)脂質中心のい人・肉大好きな人
(3)内臓脂肪が多い人



野菜スープダイエット〜食事ダイエット〜

食事ダイエットの種類】

野菜スープダイエット食事ダイエット


何度もダイエットに失敗する理由の一つは、
食事を抜くといった無理な生活が辛くなるからです。

炭水化物の不足は自分の脂肪で賄えますが、
ビタミン類や食物繊維の不足は深刻な問題です。

ビタミンが不足すれば、糖質や脂質の代謝がスムーズに行われず、
せっかく節食しても痩せにくいのです。

また必要な栄養素が不足する為に肌荒れや便秘といった症状も表れます。

そこでお勧めなのが「野菜スープダイエット」です。

野菜スープダイエットとは、
別名「7日間!脂肪燃焼ダイエット」とも呼ばれ、
免疫力を高める働きのある数種類の野菜を
煮込んだスープを1週間続けることにより、
内臓の機能が高まって全身が活性化し、
基礎代謝がアップして脂肪を燃焼させていく
ダイエットです。

野菜スープダイエットは、お腹いっぱい食べるのに、
断食と同じ効果が得られるのが特徴です。

<やり方>

「食事の度に最初に野菜スープを食べるだけ」と、
超簡単ですがちょっとしたルールがあります。

ゆでたお肉や煮魚を一緒に食べても大丈夫です。
鶏肉は皮を取り除けば焼いてもOK。

焼く場合はオリーブオイルをごく少量だけ使用しましょう。

お米はできれば発芽玄米か玄米、
雑穀米などが理想ですが、なければ白米でもOKです。

パンなどの小麦粉類、揚げ物は避けましょう。

飲み物は水、お茶、100%の果物&野菜ジュースなど、
無甘味料のものにして、ダイエット期間中の1週間は禁酒です。


「基本のスープ」の作り方

材料(7皿分)

セロリ1/2本
キャベツ1/2個
玉ねぎ3個
にんじん1本
ピーマン1個
ホールトマト1缶
コンソメ1個(和風だしの素小さじ1でも可)
自然塩一つまみ
こしょう少々


<<作り方>>

1.
野菜を食べやすい好みの大きさに切る。

2.
切った野菜、ホールトマト、コンソメを
深めの鍋に入れ、野菜の倍ぐらいの水を加えて
火にかけて最初は強火で、沸騰したら弱火で約30分煮ます。

3.
塩、こしょうで味をととのえてできあがり。



お好みで、しょうが、カレーパウダー、チリソースなどを
いれるとさらに脂肪燃焼効果が期待できます。

味を毎日変えたり、きのこ類を具に加えたりして
スープに変化を持たせると飽きないで
続けることができます。

ただ早く体重を落としたいからといって、
3食ともスープだけを摂ることは栄養が
偏ってしまう為おすすめできません。

必ずタンパク質も一緒に摂るようにして下さい。

もしスープだけ食べる場合は、大豆の水煮や
レンズ豆など豆類を入れるとよいでしょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。