ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

にがりダイエット〜食事ダイエット〜

食事ダイエットの種類】

にがりダイエット食事ダイエット


にがりダイエットとは、ミネラルが豊富に
含まれているにがりを水で割って飲むことで
脂肪を溜めこむ原因となるインスリンの分泌を
抑えて太りにくくなるというダイエット法です。

にがり とは煮詰めた海水から、塩(塩化ナトリウム)を
取り除いた液体を言います。

主に塩づくりの工程から採取されます。

にがりの主成分は塩化マグネシウムであり、
塩化カリウム、塩化カルシウムなど百以上の
無機塩類=ミネラルを含んでいます。

海水は人間の血液のミネラルバランスと
ほぼ同じといわれ海は生命の母であり生命誕生は
すべて海から生まれているのです。

これから人類がいかに進化しようとも
このバランスは変わることはありません。

豆腐を作る材料でおなじみの「にがり」は、
海水から作られた天然のものでマグネシウム、
カルシウム、カリウムなど体に必要なミネラルが
豊富に含まれています。

このミネラルが、インシュリンの分泌を
抑えて血中のブドウ糖が脂肪に変わるのを
防ぐ働きをしてくれるのです。

また、にがりには腸を刺激して便通を良くする他、
新陳代謝を高めて利尿作用を促し、
体内に溜まった老廃物を排出すると言われています。


<にがりの主成分はマグネシウム>

マグネシウムは、エネルギー代謝を
促進させるビタミンB群の効果を、補助する働きがあり、
神経系に働きかけイライラを押さえる働きがあるので、
代謝を助けダイエットの天敵のイライラを抑えることにより、
ダイエットに役に立つ栄養素になります。


にがりダイエット方法

1リットルの水に対し、にがりを
ティースプーン半分〜1杯を入れて溶かし、
それを1日数回に分けて飲みます。

お茶やコーヒーなどに混ぜて飲んだり、
料理に使用する時は入れすぎに注意しましょう。




ハリウッドダイエット〜食事ダイエット〜

食事ダイエットの種類】

ハリウッドダイエット食事ダイエット


ハリウッドダイエットとは
アメリカの学者が考案し、多くのスポーツアスリート
取り入れて成功した「ゾーンダイエット」を
ハリウッドスターも取り入れるようになったダイエット法で、
炭水化物、タンパク質、脂肪のカロリー比率を
4:3:3にすることで、脂肪が燃えて太りに
くくなるという方法です。


・・・<<ゾーンダイエットとは>>・・・

ゾーンダイエットは、アメリカの
生化学者バリー・シアーズ博士が考案した、
糖質の取り過ぎが肥満の原因であるという考えを
もとにしたダイエット法です。

ゾーンダイエットは、炭水化物や脂肪、
タンパク質を摂取するバランスを整える方法です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

炭水化物、タンパク質、脂肪のカロリー比率を
4:3:3にすると、ホルモンのバランスが
最適になって脂肪が燃えて太りにくくなります。

この状態を「ゾーン」と呼びます。

炭水化物を多く摂り過ぎるとインスリンが
多く分泌されますが、タンパク質を摂ることによって
グルカゴンというホルモンが分泌され、
インスリンの働きを抑えてくれます。

炭水化物4に対し、タンパク質3の割合の時、
インスリンとグルカゴンのバランスが「ゾーン状態」となります。

また脂肪の割合を3にすることで
「エイコサノイド」という体にとって大切なホルモンを
分泌させ、そのホルモン中の善玉と悪玉をバランスをとります。

1日に摂る食事の量は、カロリー比率に
従って計算して決めます。

まず1日に必要なタンパク質の量を決めるために、
LBM(除体脂肪量)を求めます。 

LBM = 体重−体脂肪量(体重×体脂肪率÷100)

次に自分の活動レベル指数を求めます。

ランク1  
あまり動かず座って過ごしがち     
活動レベル指数 1.1

ランク2  
1日30分程度歩く             
活動レベル指数 1.3

ランク3  
1日30分程度の運動を週3日行なう  
活動レベル指数 1.5

ランク4  
1日30分程度の運動を週5日行なう  
活動レベル指数 1.8

ランク5  
週に2時間30分以上は運動する
活動レベル指数  2

ランク6  
週に5日はウェイトトレーニングをする 
活動レベル指数  2.2

【計算式】1日に必要なタンパク質の求め方

LBM × 活動レベル指数 = 1日に必要なタンパク質(g)

タンパク質の量が決まったら、炭水化物4、
脂肪3の比率でカロリー、分量計算します。
(タンパク質と炭水化物は1グラム4キロカロリー、
脂肪は1グラム9キロカロリー)

1日に必要なタンパク質の量が65グラムだとすると、
4:3:3にあてはめると、カロリーは
炭水化物324:タンパク質260:脂肪260カロリーと
なります。

1日のメニューの注意点として、
炭水化物はできるだけ野菜や果物からとり、
タンパク質は大豆製品、魚や鶏肉など
低脂肪のものから摂りましょう。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。