ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

さつまいもダイエット〜食事ダイエット〜

食事ダイエットの種類】

さつまいもダイエット食事ダイエット


さつまいもダイエットとは、主食をご飯の代わりに
蒸したさつまいもに変えて食べるだけで
カロリーダウンになり、同時に食物繊維も取れて
便秘解消につながるというダイエット法です。

ご飯100グラムと蒸したさつまいも100グラムの
カロリーを比較すると、ご飯が148Kcalに対して
さつまいもは125Kcalでそんなに差がないように
感じますが、これを1日3食とるとしたら、
約70Kcalもの差になるのです。

またさつまいもには食物繊維がたっぷり含まれているので
満腹感が得られて便秘解消にも効果的です。

特に皮の部分に多く含まれているので、
食べる時は皮ごと蒸して食べましょう。

さつまいもには、ビタミンCと食物繊維が
多く含まれている。

さつまいものビタミンCやビタミンB1は
でんぷんに守られているため熱を加えても
損失が少ないです。

ビタミンCについては、1本(約200g)で
1日の必要量をほぼ摂取することがでます。

食物繊維は芋類のなかでは1番多く含まれており、
動脈硬化の予防に有効。

さらに、さつまいもを切ったとき出でる白い粘り液の
ヤラピンという成分は、腸内にたまった排出物に
作用して便秘予防に役立っています。

その他、カリウムも多く含まれており、体内の塩分バランスを
調整する作用があり、高血圧にも効果的。


さつまいもダイエットのコツ

さつまいもには食物繊維がたっぷり含まれているので
満腹感が得られて便秘解消にも効果的です。

特に皮の部分に多く含まれているので、
食べる時は皮ごと蒸して食べるのが効果的。

さつまいもダイエットのポイントは蒸すこと。

(またはラップに包んで電子レンジでチンしてもOK)
焼くと水分がなくなり、煮ると逆に水分が多くなりすぎる。

また食べる時は味付けしないでそのまま食べましょう。

自然な甘みがあるさつまいもはそれだけで美味しいです。

ただし、食べ過ぎるとカロリーオーバーになるので
1回食べる毎に100グラムと決めたら
100グラム分計って食べるのが成功のコツです。


【さつまいもの旬】

8月下旬〜11月

【さつまいも保存方法】

常温保存可能 
・乾いた新聞紙に包み、15℃ぐらいの湿気のない場所で
 1週間 

冷蔵保存不可

冷凍保存可能 
・ゆでて水気を拭きラップに包んで1ヶ月


すりゴマダイエット〜食事ダイエット〜

食事ダイエットの種類】

すりゴマダイエット食事ダイエット


ゴマを1日大さじ1?2杯とるダイエット法

ゴマの外皮は非常に硬く、そのまま食べたのでは
ほとんど消化吸収されないので、食べる直前にするのが
最良の摂り方。

でも、面倒だし外出先では実践できないので、
あらかじめすっておいたゴマを持ち歩くのが
良いでしょう。

すりゴマダイエットは、抗酸化物質が
豊富なすりゴマを毎日の食生活に
摂り入れることにより、血液をサラサラ状態にして
老化を防ぎ、食物繊維が便秘を解消するという
ダイエット法です。

一粒がとても小さなゴマですが、
その中にはぎっしりと栄養がつまっています。

主な成分として、若返り成分である抗酸化物質の
ビタミンE、不飽和脂肪酸、解毒効果があるセサミン、
便秘を防止する食物繊維、ストレスを
防止するトリプトファン、ガンを防止するセレン、
貧血を防止する鉄分などダイエットに必要な栄養素が
豊富に含まれているので、毎日の食生活に
ぜひ摂り入れましょう。

ゴマの効果的な摂り方は、フライパンで
炒った後すり鉢などで少しゴマの形が
残るかなというぐらいまですってから食べます。
1日10グラム(大さじ1ぐらい)が摂取量の目安です。

ふりかけとしてごはんにかけたり、
チャーハンやスープ、サラダにかけたりと
いろいろな料理に使えます。

食べる直前に炒ってするのが理想的ですが
それだと続かないので3〜5日分をまとめて
作って密閉容器に入れて常に食卓に置いて
使うとよいでしょう。

練りゴマやサプリも販売されているので、
炒ってするのがめんどうな人はそれらを
うまく利用しましょう。


<ゴマダイエット実践方法

ゴマダイエットの方法は、フライパンで
炒った後すり鉢などで少しゴマの形が
残るかなというぐらいまですってから食べます。

1日10グラム(大さじ1ぐらい)が摂取量の目安です。

ふりかけとしてごはんにかけたり、
チャーハンやスープ、サラダにかけたりと
いろいろな料理に使えます。

食べる直前に炒ってするのが理想的ですが
それだと続かないので3〜5日分をまとめて作って
密閉容器に入れて常に食卓に置いて使うとよいでしょう。

練りゴマやサプリも販売されているので、
炒ってするのがめんどうな人はそれらを
うまく利用しましょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。