ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

クエン酸ダイエット〜食事ダイエット〜

食事ダイエットの種類】

クエン酸ダイエット食事ダイエット


クエン酸ダイエットとは、クエン酸をドリンクや
サプリなどで毎日摂るだけで「クエン酸サイクル」を
活発にして基礎代謝をアップさせ、太りにくい
体質になるというダイエット法です。

クエン酸は、無色の結晶で、柑橘類などに
多く含まれている有機酸の一種で、昔からレモンや
梅干し、黒酢などの酸っぱさ成分として知られています。

有機酸とは、生物の生命活動において産出される酸のことで、
もちろ、ん人の体の中でも生成される有用な酸です。

有機酸は食品のph(酸度)を下げ、様々な微生物が
増殖することを抑える働きをもっています。

この有機酸のひとつであるクエン酸は、現代人の酸性に
傾きやすい体を、弱アルカリ性に保ちます。

「クエン酸サイクル」とは、体内に摂り入れられた
糖質を人間が活動するためのエネルギーに
変える時の反応のことで、これがうまく働かないと
糖質が脂肪や疲労物質(乳酸)として体内に
溜め込まれていくのです。

毎日クエン酸を摂取することにより、
この「クエン酸サイクル」が活発になり、
体内に脂肪が溜まりにくく太りにくくなるのです。

また運動している人は運動する前後にクエン酸を
摂ることで、疲労物質である「乳酸」が体内に
溜まるのを防いで疲れにくくなるだけでなく、
運動の持続力も高まり運動後の疲労回復も
早まります。

クエン酸を摂取する時は1日1000mg〜2000mgを
目安にしましょう。

熱に弱いので調理には不向きです。

クエン酸ドリンクやサプリで摂るのが効果的です。


<<クエン酸サイクルを活発にし、
     ダイエットを成功させるポイント>>

クエン酸を摂ることは、クエン酸サイクルの
活性化効果が大きく、人体内 のクエン酸の量が多ければ、
クエン酸サイクルはスムーズに回転します。

その結果、アセチルCoAやピルビン酸が消費されます。

アセチルCoAが少な くなると、蓄積されていた体脂肪が
酸化されてアセチルCoAの形に分解され、
クエン酸サイクルに送られます。

また、ピルビン酸が少なくなると、乳酸が3個のATPを
作りながら分解され、ピルビン酸に変わっていきます。

結果、クエン酸をたくさん摂りこむことにより、
クエン酸サイクルがスムーズに廻り、新陳代謝が
活発になり体脂肪がつきにくい体になります。
つまり、クエン酸を定期的に摂ることがダイエット
成功させる秘訣になるといえます。

クロムダイエット〜食事ダイエット〜

食事ダイエットの種類】

クロムダイエット食事ダイエット


クロムは、あさりや海苔などの海産物、
卵・穀類・肉類に多く含まれ、糖質や脂質などの
エネルギー代謝と関係が深いとされるミネラルです。

クロムダイットとは、インスリンの働きを
正常に戻す作用があるクロムを摂取することで
筋肉量を増やし、脂肪の燃焼を活発にする
ダイエット法です。

太っている人のほとんどはインスリンの働きが悪く、
常に脂肪組織に脂肪が溜まりやすい状態で、
よほど厳しい食事制限をしない限り簡単には
痩せることができません。

クロムを摂取するとインスリンの働きを正常にし、
筋肉を増強させて脂肪を燃焼し引き締まったカラダを
つくります。

また血中コレステロールを減少させて血糖値を
安定させる働きもするので、糖尿病など生活習慣病の
予防にもなります。

<<クロムで痩せる理由>>

・クロムがインシュリンの働きを最大にする。
・インシュリンが糖を代謝(エネルギーにかえる)させる。
・脂肪の貯蔵を促すインシュリンが血中から
 減少することによって、脂肪も減少。
・クロムは筋肉をつくる!
・クロムは悪玉コレステロールを減らす!


クロムは穀類や野菜、魚や肉、卵などに含まれる
ミネラルの一種ですが、含まれている量は微量のため、
ダイエットを目的として摂取するなら
サプリメントで摂りましょう。

また有酸素運動をプラスして行なうとより効果的です。

<クロムを含む食品>

・ビール酵母
・帆立貝
・レバー
・えび、ロブスター
・あさり、はまぐり
・牛肉
・精製していない穀類
・豆類
・りんご
・さつまいも
・ビール
・ブロッコリー
・梨
・きのこ類
・たら
・きゅうり
・たまねぎ
・卵
・プルーン
・トマト
・レタス
・セロリ
・芽キャベツ
・かき
・いわし
・その他 魚、貝類

【効率的にするために】

<3分づき米を食べる>

「サンブヅキマイ」と読みます。

玄米を3割ほど精製したものです。

精製度がそれより低いとかたくて食べにくいし、
精製度が高いとクロムがなくなります。

家庭用精米機が安く普及していますので、
是非利用しましょう。

ごはんを白米から3分づきに変えるだけで、
米食の日本人はクロムの摂取がぐんと増えます。

お米はほとんど食べない、という人は、まずそれをやめて
3分づき米を食べるようにして下さい。

<油を減らす>

動物性脂質は避けて下さい。どうしても摂るなら、
オリーブオイルや亜麻仁油などです。
魚の脂は構いません。

<たくさん歩く>

1日30分〜1時間ぐらい歩けるとベストです。
激しい運動は食事から摂った炭水化物が
70%ぐらい燃やされてエネルギーになりますが、
ウォーキングなどの軽い運動は脂肪が60%ぐらい
燃やされてエネルギーになります。
元気よく歩いてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。