ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

耳ツボダイエット〜生活 ダイエット〜

生活ダイエットの種類】

耳ツボダイエット生活 ダイエット


耳つぼダイエットとは、耳にある食欲中枢のツボを
刺激することによって、本来の健康な体のバランスを
取り戻して「太る体質」を根本から変えようというものです。

健康的に痩せることを目標にしています。

耳ツボダイエットは、食欲を抑えるツボ押しで、
太らない体質をつくる無理のないダイエットです。


【ポイント】

1)
指またはボールペンの背、つまようじの頭などを
使ってツボ押しする

2)
食事の30分ほど前に行う

3)
いくつかのツボを組み合わせてもよいし、
1つでもよい
(飢点は押すだけでなく、つまんで刺激を与えても効果的である)


<<耳ツボダイエットのメリット>>

1・極端な食事制限がない
2・空腹感を感じにくいのでストレスが少ない
3・栄養はしっかりとるので体力は低下しない
4・肌の具合もよくなる
5・ダイエット後も、太りにくくやせやすい体質になる


【ツボとさまざまな器官や組織との関係】

耳ツボダイエットは、耳にある食欲を抑えるツボなどを
刺激してダイエットを行う方法です。

治療院などで行う場合は専用の針を使ったり
シール状のものを貼って刺激したりしますが、
自分で指を使って刺激する方法もあります。

そもそもツボとは何でしょうか。

東洋医学では、全身のバランスをとる「気」の
通り道のことを経絡(けいらく)といい、
その反応のもっとも強い場所がいわゆる「ツボ」になります。

人間の体には1000以上ものツボがあるといわれています。

そのすべてが内臓や筋肉、神経など、さまざまな器官や
組織と密接に関係しているのです。

ツボを刺激することで、そのツボとつながっている器官や
組織が刺激され、正常な状態に近づいていくというわけです。

特に足の裏、手の甲、そして耳にはたくさんの
ツボが集中しています。


<<耳ツボダイエットはこんな人に最適>>

・真剣にやせいたい方
・太る前の体重に戻りたい方
・今までに減量に失敗した方、あきらめている方
・食欲があって困る方
・「うちのお母さんも太っているから・・」と体質のせいだと信じている方
・医師からも「やせるように」と注意されている方



【ダイエットに効果がある7つの耳ツボ】

耳には150ものツボがあるといわれ、特に自律神経に敏感に
働きかけるので、大変反応を起こしやすいツボです。

中でもダイエットに効果があるツボを紹介していきましょう。

耳ツボはポイントが小さいので、自分で正確に押すのは
難しいかもしれませんが、最初は鏡を見ながら
押していくとよいでしょう。1回の刺激は5〜8秒ほどで、
じょじょに力を入れて軽い痛みを感じたら、
ゆっくり力をゆるめていき、これを3回ほど繰り返します。

毎日、食事の30分前に行うと効果的です。


・「神門(しんもん)」

精神を安定させるツボで、ストレスなどで
イライラした気持ちを鎮めてくれます。

・「胃(い)」

消化を高めるとともに、空腹による腹痛や
不快感を抑えます。

・「食道(しょくどう)」

胃、腸、肝臓、すい臓などの機能を高め、太りにくい体質を
つくることを助けます。

・「噴門(ふんもん)」

胃の働きを正常にして、消化・吸収力を高めます。

・「肺(はい)」

呼吸器の肺の働きを高めるツボでもありますが、
食欲を抑えるツボでもあり、体脂肪がエネルギーに
変換されやすくなります。

・「内分泌(ないぶんぴ)」

ホルモンなどの分泌をスムーズにし、
生理不順などを解消し、肥満を防ぐ効果があります。

・「飢点(きてん)」

過剰な食欲を抑える効果があります。
ツボ押しの特徴は、それ自体ですぐやせるというのではなく、
食欲を自然に抑え、消化器官の働きを活発にして、
太りにくい体質をつくるということです。



冷湿布ダイエット〜生活 ダイエット〜


生活ダイエットの種類】

冷湿布ダイエット〜生活 ダイエット


冷湿布ダイエット」とは、脂肪を燃焼させる働きが
あるといわれる「褐色脂肪」がある部分に冷湿布を貼って刺激し、
より脂肪の燃焼を高めていく方法。

ダイエットで使用する冷湿布は、急な発熱などで
使用する熱を冷ます目的の冷湿布。

筋肉痛や腰痛、肩こりなどに使用する薬効がある湿布は
使用しないこと。


【ポイント】

1)
首、肩甲骨の間、腰を冷湿布する

2)
足の裏に温湿布を貼ると交感神経をより刺激する

3)
夜寝ている間に貼っておくと脂肪が燃えてくれる


【冷湿布で褐色脂肪を刺激することによる効果】

体の一部分をただ冷やすだけで、
ダイエットができるのです。

冷湿布ダイエットの理屈は、褐色脂肪ダイエット
基本的には同じです。

脂肪を燃焼させる褐色脂肪を刺激して、
より燃焼を高めようというもので、その刺激のためには
冷やす、温めるを繰り返す温冷法を行うのですが、
シャワーを浴びる方法では、効果はあるものの
時間は限られています。

ダイエットは燃焼効率×時間で、
燃焼効率は多少下がっても、長く続けられる方法なら
無理なく効果が得られるというわけです。

褐色脂肪は主に首筋、わきの下、肩甲骨の周辺、腰にありますが、
わきの下は冷やし過ぎると腕の血行が悪くなるので、
冷湿布は首筋、肩甲骨の間、腰にそれぞれに貼る。

ここに冷湿布を貼ると温度が下がり、
それを褐色脂肪が察知して、脳に熱を
出すように指令を出します。

部分的に冷えたのに、脳が全身を冷えたものと
勘違いして、全身の発熱をよくするために
自律神経の交感神経が活発になり、脂肪の燃焼が
よくなっていくのです。

冷えた褐色脂肪は、とくに盛んに熱を
発するようになって、脂肪燃焼が進んでいきます。

褐色脂肪は食事をすると熱が上がるところなので、
一番熱が上がりやすいところに冷湿布を貼るのが
もっとも効果的です。

食後しばらくたってから、手で触れてとくに熱を
感じるところに冷湿布を貼って、冷湿布の
効果がある間(冷えている間)は貼り続けます。


【寝ている間も脂肪を燃焼させてダイエット

ただ冷やすだけでなく、足の裏に温湿布を貼ると、
足の血流が増え、交感神経がより刺激されて
褐色脂肪が活性化します。

外からは見えにくい肩甲骨の間と腰は
外出しているときにも貼っておき、
効果が薄れてきたら取り替えます。

家でなら、首にも貼り、さらに足には
温湿布を貼っておくこともできます。

この方法は、湿布を貼るだけで、
あとは何をしていても自由なので、寝転んでテレビを
見ながらでもダイエットができます。

入浴直後は、冷湿布によって、せっかく全身が
温まったのに、それを冷やすことにもなりますが、
入浴の熱が引いてきたら冷湿布を貼って、そのまま朝まで
寝てしまっても、寝ている間に脂肪が燃えてくれます。

その燃焼量は軽く歩いているのと同じという
研究報告もあります。

ゆっくりと歩いていたら、普通なら脂肪は
燃えにくいのですが、一晩中、一日中となると話は別です。

それと同じ効果が期待できる、
簡単で優れた方法が冷湿布なのです。


<<簡単なまとめ>>

人間の体は全身に温かい血液を送ることで、体温を
上昇させているのですがその部分に冷湿布を貼って
温度が下がると、褐色脂肪がそれを察知して脳に熱を
放出するように指令が出ます。

脳は、体の一部分の温度が下がっているのに、
全身が冷えたものと勘違いして全身を発熱するために
自律神経の交感神経が活発化し、
脂肪の燃焼が高まっていくという人間のメカニズムを
上手く使ったダイエット方法です。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。