ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

半身浴ダイエット〜生活 ダイエット〜

生活ダイエットの種類】

半身浴ダイエット〜生活 ダイエット


半身浴ダイエット」とは、脂肪が燃焼しやすい入浴法で、
リラックス&らくらくダイエットするものです。

半身浴ダイエットとは、少しぬるめのお湯に
おへそから下の下半身だけでゆったりとつかり汗を
かくことでダイエットをすることです。


【ポイント】

正しい半身浴の基本は、いつも胸から下だけを
お湯につけるようにします。

腕はお湯から外に出しましょう。

そして、体温よりも少し高い程度の、37〜38度お湯に20〜30分
ゆっくりとつかります。

これは、心肺機能に負担をかけずに
入浴する方法でもあるんです。

お湯の量が多い場合は、洗面器などを
イス代わりに使うと良いでしょう。

半身浴が終わった後は水分補給も忘れずに。

胸や肩を出してしまうと冷えるように
思えますが心配いりません。

ぬるめのお湯にゆっくりつかれば、
全身ホカホカになりなかなか湯冷めしません。


1)
半身浴の前に42度の熱めのお湯に入り体を温めておく

2)
胸より下だけお湯につかる

3)
38〜40度のぬるめのお湯に20分入る

4)
水分が失われるので、こまめに水分補給を行う

5)
食後すぐは消化に悪影響なのでひかえる
(食前がダイエットに効果的)



【ダイエット効果がアップするお風呂の入り方】

半身浴ダイエットでは、体に負担をかけずに長く
お湯につかっていられるので、体が芯まで温まり、
血液の循環を促して脂肪が燃焼しやすい体に
変わっていくのです。

半身浴をする際のポイントは、最初に42度程度の
熱めのお湯に1〜2分首までつかるとよいでしょう。

こうすることで、体が目覚め、エネルギーを消費する準備が
できていくので、効率が上がるのです。


【半身浴の4つの効果】

1)
血行がよくなり老廃物が出やすくなる

熱いお湯につかると、体の表面だけ急激に熱くなって
体の芯までは温まりません。
しかし、ぬるめのお湯にゆっくりつかる半身浴なら、
体が芯まで温まるので血液が全身をめぐり、
汗をかいて老廃物が出やすくなります。


2)水圧で下半身のむくみをとる

湯船につかるだけで1トン近い水圧が体にかかります。
お風呂に入ると全身が引き締まった感じがするのは
このためですが、首までつかる全身浴だと、
その分心臓にもかなり負担がかかってしまいます。
その点、半身浴なら上半身の負担がなく、
むくみがちな足を重点的にほぐすことができます。


3)
胃の運動がゆるやかになり食欲を抑える

体の芯まで温まることで皮膚の血管が広がり、
胃腸の血管が収縮します。そのため胃の運動が
ゆるやかになり、胃液の分泌が減って食欲が抑えられます。


4)
イライラによる過食を防ぐ

ぬるめのお湯にゆっくりつかることで、
自律神経のバランスが整えられます。

結果として心身ともにリラックスできるので、
イライラによる過食を防ぐことができます。


【半身浴の入り方】

入り方は、まず浴室を熱いシャワーなどで温めます。

冬はとくに、風邪をひきやすいので忘れずに行いましょう。

そして、かかり湯をしてから、42度の熱めのお湯に
1〜2分首までつかり、しっかり体を温めます。

それから半身浴に入ります。

このとき、少しもったいないですが、
熱いお湯を減らし水を足して38〜40度ぐらいの
お湯をつくります。

少しぬるいかな、と思うくらいの温度がちょうどよいでしょう。

入浴時間は1回20分ぐらいを目安にして、
続けたい場合は1度休憩を入れるようにします。

お風呂の中でマッサージをするのも効果的です。

ちなみに40度のお風呂に20分入っていると、
約100キロカロリー消費することができます。

水分が失われるので、入浴後はもちろん、
入浴中でも水分を補給するようにします。


【半身浴のデトックス効果】

半身浴で汗をだすと毒素を排出します。

デトックス効果ですね。これには表皮深部の
皮脂腺から出るじんわりとした汗が重要です。

半身浴の汗は、体内に蓄積された毒素や
脂肪分などを含みます。

血行が促進されると排泄機能も高まるため排便、
排尿もスムーズになります。

便秘にも効果があります。

汗をたくさんかくためには、水分が重要です。

半身浴前に1杯でも水を飲むと新陳代謝の
効果が高まり、デトックスが促進されます。

またハーブティーや唐辛子、しょうがなどの
香辛料などは血行を促進して、発汗効果が
高くなります。

デトックスダイエット〜生活 ダイエット〜

生活ダイエットの種類】

デトックスダイエット生活 ダイエット


デトックスダイエット」とは、毒素を出して
ダイエットと健康の両方を手に入れる方法です。

デトックスとは、「体の中の毒素を出す」ことの総称です。

現在、医学の分野でさまざまな疾病の治療や
予防にに生かされていて、特に欧米では美容の面で
実践されています。

腸内洗浄やプチ断食もその一つです。

体の中の毒素を出すことで血液がさらさらになって体内の
循環システムが活性化され驚くほど代謝が良くなります。

その結果脂肪が燃えやすくなり、体重も減少していきます。

また、体の毒素の75%は便となって排出されます。

ですから腸にたまった毒素を出すことで、便秘が
解消されるばかりでなく、免疫機能がよく働くようになります。

もちろんお肌の調子も良くなります。

まずは2〜3ヶ月を目標に始めてみましょう。


【ポイント】

1)
続けることが大切(まずは2〜3か月を目標に)

2)
自分に合ったものを取り入れる

3)
朝晩水を飲むことを日課にし、1週間に1回は半身浴で
汗をかき、3か月に1回はプチ断食といった具合に、
いくつか併用すれば効果はアップする


デトックスとは】

デトックスは今女性の間などで流行ですが、
これは解毒のことで、フットバス(足湯)やエステ、
岩盤欲、入浴剤など様々な効果のある方法あり、ダイエットの
方法としても注目を浴びています。

ダイエットは理解できるとして、そもそもなぜここまで
急激に注目されるようになったかというと、
人間がどうしても普通に生活すると、有害なミネラルを
体に取り込んでしまって、それらを溜め込んでしまいます。

これは想像しているよりも、非常にリスクのあることでです。

そのことに気づき、目を向けたのでしょう。

当然ダイエットを目的としている方も多いですが。

そして、それらの有害ミネラルを体外に排出、
いわゆる毒だしをしてあげることで体を健やかに、
健康的にする方法として効果のある健康術がデトックスなのです。

特にフットバス(足湯)や岩盤欲は代表的な方法として、
今やいろんなエステもあり様々な場所で、気軽に取り組まれています。

ちなみに管理人一押しはフットバス(足湯)と岩盤欲、
それと食事の解毒です。

みなさんはご自身に合った自分なりの方法を見つけてください。

解毒の効果やダイエット効果も期待できて、
楽しく健康的なデトックスを勉強してみましょう。


【1)朝食前と就寝前にコップ1杯の水】

水はデトックスの基本中の基本です。
朝は腸の働きと代謝を高めるため、夜はたまった毒を
排泄させるためです。

デトックスのために飲む水は、ミネラルウォーターや、
有害ミネラル(水銀、鉛、アルミニウムなど)を
除去できる逆浸透膜タイプの浄水器を通した水がベストです。


【2)解毒力があるハーブティー】

ハーブティーなら簡単にそのエキスをとることができるので
おすすめです。

ダイエット茶としておなじみのルイボスティーは、
胃腸の働きを調え、塩分や老廃物の排泄を促してくれます。

また、どくだみ茶は強い利尿作用と便秘解消の作用があり、
体内の毒を排出してくれます。

その他、ヤロウフラワー、レモンバーム、ローズヒップ、
ジュニパーベリーなどのハーブティーは、ともに利尿作用、
解毒作用があります。


【3)お風呂で汗を出す】

体の毒素のうち約3%が、汗となって排出されます。

そこで、お風呂に入って汗を出すとよいでしょう。

じんわり汗を出すには半身浴が一番です。

ぬるめのお湯にゆっくり20分つかり、そのあとシャワーで
マッサージすれば、リンパの流れが活発になり
デトックス効果をさらに高めることができます。


【4)食事に解毒・発汗作用のあるものを】

わさびをはじめ、にんにく、ねぎ、しょうが、香菜など、
ほとんどの薬味には解毒作用があります。

とくにコリアンダーの解毒作用は効果的です。
これらの食材を毎日の食事に取り入れていくとよいでしょう。


【5)加工食品や食品添加物を減らす】

できるだけ添加物が入ったものは避けたほうがよいでしょう。

野菜やくだもの、木の実、穀物など、
加工度の低いものを食べるようにします。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。