ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

日記ダイエット〜生活 ダイエット〜


生活ダイエットの種類】

日記ダイエット生活 ダイエット


日記ダイエット」とは、毎日の食事や行動を
記録して肥満の原因をさぐるアメリカ発の
ダイエット法です。

この方法は、無理に運動をしたりするのではなく、
生活習慣の中で、太る要素を探し、改善するといった
極めてシンプルな方法です。


【ポイント】

1)
こと細かに食事日記をつける
(間食や水も、口にしたものはすべて書いていく)

2)
行動日記をつける
(行動パターンを見るためにできるだけ書き込む)

3)
体重を同じ時間に測る

4)
日記を分析するときは客観的に行う


【日記をつけることにより見えてくるもの】

肥満の要因は大きく分けて2つあります。

ひとつが遺伝によるもので、3〜4割がで、もうひとつが
環境によるもので、6〜7割といわれています。

アメリカで生まれたこのダイエット法は、
環境をとくに重視したもので、
「肥満になる環境を洗い出し、
それを改善していけば、肥満は自然と解消できる」と
いう考え方からきています。

正式には「行動修正療法」といい、日本肥満学会でも
推奨されている本格的なダイエット法です。

といっても、方法はいたって簡単で、
毎日自分の食べたものや行動日記をつけるだけです。

これだけで本当にやせることができるのです。

日記をつけていくと、肥満の原因は必ず見えてきます。

それを自覚して問題を解消する努力をすることで、
自然とダイエットにつながっていくのです。


【毎日欠かさず記録し、1か月後に分析】

・食事日記をつける

朝起きてから夜寝るまでを順に、食べたものを
すべて書き出します。

食事時間やメニュー、食事の量、そのときの状況や
気持ちまで克明に記録します。

一度にまとめて書こうとすると忘れてしまうので、
ノートを持ち歩き、食事後すぐにメモをとることを
おすすめします。

・行動日記をつける

食事日記と同じように、タイムススケジュールに沿って、
何時に、どこで、何をしたかをメモします。

例えば、
「8時出勤。エスカレーターで駅のホームまで上がる」
「夜9時〜10時 缶ビール(2本)を飲みながらテレビを見る」
などです。

さらに、運動量を見るために、万歩計を付けて
計測するのもおすすめです。


・体重を記録する

体重は同じ時間や条件で測るようにします。
体重を毎日測るだけでも、意識がダイエットに
向かうので、自己管理がしやすくなります。


・日記をもとに太る原因をチェックする

1か月分の記録がたまったら、そこで分析を開始します。

食事日記と行動日記、そして体重と合わせて、
じっくり客観的に分析してみます。食事が偏っていないか、
食べ方のくせ(早食いなど)はないか、
間食が多くないか、運動が少なすぎないかなど、
問題点を探していくのです。

「夜遅く間食をしているので、夜9時以降は何も
口にしないようにしよう」とか
「早食いなので、なるべくゆっくり噛んで食べよう」など、
できる範囲で改善していけばよいのです。

特別なダイエットをしなくても、問題点を改め、
こうした行動を積み重ねていくだけで、
着実に体重は減っていきます。



<<注意>>

記録だけを残し、何もしないのは
ダイエットには結びつきません。

記録を取る中で、ダイエット痩せる事を意識する事が
重要で痩せる近道でもあります。

このときに、どうして、ダイエットして、痩せたい のかを
具体的に、イメージする事もお勧めです。


EMSダイエット〜運動 ダイエット〜


運動ダイエットの種類】

EMSダイエット〜運動 ダイエット


EMSダイエット」とは、医療用から生まれた
ダイエットマシーンを使ったダイエット法です。

EMSダイエットとはEMSという電流を流して筋肉を
鍛えるマシーンを使ってエクササイズをすることで、
基礎代謝量を増やしエネルギーを消費するという
ダイエット法です。

パットをはって電源を入れ、くつろぎながらマイペースに
短時間〜長時間の筋力トレーニングができ、
よくエステなどのメニューにも使われています。

【ポイント】

1)
できれば本格的なマシンが設備されたところがおすすめ

2)
家庭用で安価すぎるものは、あまり効果が期待できない

3)
正しい使い方をする

4)
少しずつ毎日続けることが肝心


【電気で筋肉を刺激するEMS】

EMS(Electrical Muscle Stimulation)とは、
「筋肉が電気で動く」という原理を利用し、
筋肉に直接電気の刺激を与えて、体を動かさなくても
運動をしているのと同じ状態にしよう、というものです。

「30分寝たままで腹筋600回の効果」。

こんなうたい文句で大人気となったダイエットマシーンは、
家庭用にアメリカで開発されたものです。

本来は病気やケガ、高齢などで体を動かすことが
できなくなった人のリハビリ用、スポーツ選手の
筋肉強化用として開発されたもので、
ドイツの大手医療機器メーカー・シーメンス社が開発した
ステレオダイネー夕ー」というマシンが有名です。

最近では日本でもダイエット外来のある医療機関や整骨院、
スポーツジムなどでも取り入れられ、かなり高い効果が
報告されています。

利用するには、これらの機関を訪れて
相談するとよいでしょう。

マッサージなどと組み合わせて施療するもの、
EMSのみを行うもの、料金も1時間1000〜6000円と
さまざまです。


【家庭用マシンでの効果】

では、家庭用のマシンはどのくらい効果があるのでしょうか。
「ツインビートEMS」(14万〜15万円程度)をはじめ各社から
多様なタイプのものが発売されていますが、結果からいうと、
「高いものは効果がある、安いものはあまり効果がない」といえます。

医療用マシンは300万円以上もするので、
それと同じ効果を得ようとするのは無理がありますが、
もともとが医療用なので、家庭用でもそれなりのマシンを
正しく使えば、効果も期待できます。

メーカーの実験によると、体脂肪率の減少とウエストの
引き締め効果が確認されています。

効果の出やすい人は、1回行っただけでウエストが
3センチも細くなった、というケースもあります。

ただ、最近では粗悪品も出ているようなので、
よく吟味してから購入したほうがよいでしょう。


【毎日少しずつ続けることが秘訣】

手軽にできるからといって、1日に何時間も行う
必要はありません。

長時間続ければ、それだけ効果があると思いがちだが、
筋肉は使ったあとは休ませないと強化されません。

効率がいいからと、夜眠っているときにマシンを
装着したままの人がいますが、これは大変体に悪いやり方です。


たしかに脂肪が燃焼しやすい状態にはなっていますが、
これでは筋肉が緊張したままなので、副交感神経に
切り替わりづらく、安眠できないばかりか、眠っているときに
分泌される大切なホルモンが出なくなってしまいます。

また、効果があったからといってすぐにやめてしまうと、
あっという間に元の状態に戻ってしまうので注意が必要です。


<<EMSによる筋肉収縮運動の原理と利点>>

1)原理

運動をするぞと軽く思っただけで、脳に代って電気が
運動神経に命令を伝えてくれます。
その結果、例えば腹筋が勝手に鍛えられるのです。

その電気の刺激がEMSというわけなのです。


2)利点

通常の運動は、意志薄弱な人では長続きは、なかなかしません。
効果も当然なかなか上がりません。

ところが、意志薄弱であろうが、運動をしようと弱く思って、
EMSによる運動をやると、EMSを使うだけで効果だけは
十分に得られるということのようなのです。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。