ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

風船ダイエット〜運動 ダイエット〜

運動ダイエットの種類】

風船ダイエット〜運動 ダイエット


風船ダイエットとは、ゴム風船をふくらませることによって
有酸素運動をしているのと同じ状態になるため、
脂肪燃焼効果があるというダイエット方法

風船をふくらませると、体内に酸素を
たくさん摂りこめることができてそれが
有酸素運動になるので体温が上昇し、
脂肪を燃やすことができます。

また風船ダイエットは複式呼吸をしながら
腹筋を使うので、お腹周りが引き締まり、
便秘や冷え性も改善してくれます。


風船ダイエットのやり方>

1.
風船を用意します。普通のゴム風船でもいいですが、
膨らませにくく破れ易い物も多いので、
できればダイエット専用の風船を利用しましょう。

2.
軽く深呼吸をした後、鼻から息を吸いこんで
お腹を膨らませます。

3.
これ以上吸えないというところまで
お腹に空気が溜まったら、3〜5秒息を止めます。

4.
風船を口にくわえて一気に息を
吐き出して膨らませます。

5.
2〜4を30回繰り返します。


風船ダイエットの効果】

風船をふくらませると、体内に酸素をたくさん摂りこめることが
できてそれが有酸素運動になるので体温が上昇し、
脂肪を燃やすことができる。

また風船ダイエットは腹式呼吸をしながら腹筋を使うので、
お腹周りが引き締まり、便秘や冷え性も改善してくれる。

・メリット 
あまりお金がかからなく、手軽にはじめられる

・デメリット 
すぐに効果が実感できないので、なかなか続かない


10分×3回ウォーキングダイエット〜運動 ダイエット〜

運動ダイエットの種類】

10分×3回ウォーキングダイエット〜運動 ダイエット


10分×3回ウォーキングダイエットとは、自分のペースに
合わせてこまめにウォーキングを行なうことで、
1日に30分ウォーキングするのと同じぐらい脂肪を燃焼する効果が
あるというダイエット方法

これまでのウォーキングは、基本的に1日に30分以上歩くことが
効果的だと言われてきた。

その理由は、脂肪が燃焼するのは20分以上持続してからなので
少なくとも30分以上は続けないと効果が出ないといわれていたからです。

ところが最近の実験により、1回で30分歩いても、
10分ずつ3回に分けて歩いても効果に差はないことが明らかになりました。

それは、運動を開始して10分ぐらいしてから脂肪を分解するリパーゼという
酵素が働き始め、運動が終わってもしばらくの間は脂肪を
燃やし続けることがわかったからです。

1日30分以上続けてのウォーキングは無理でも、
10分ずつ3回なら自分の都合に合わせて無理なく行なうことができる。

ウォーキングを行なうときは「やや速足で歩くこと」がポイント。

またウォーキングの途中や終わった後に手足の筋肉を
伸ばすストレッチをするとより効果的。


【ポイント】

1)
ウォーキング10分を3回に分けて行う

2)
息が切れるようなジョギングではなく、
速足で歩く程度の軽いウォーキングを心がける

3)
ストレッチや水泳なども取り入れる


【ウォーキングで脂肪が燃えやすい理由】

運動で効果的に脂肪を燃やすには、酸素が必要です。

時間をかけて酸素を取り込みながら行う、
ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が、
ダイエットによいというのはこのためです。

負荷の少ない運動を長時間続ければ続けるほど、
脂肪が燃焼されるので、誰でも無理なく行える
ウォーキングは、ダイエットに最適といえるのです。

ちなみに、運動の内容によって脂肪の消費は
どのくらい違うのだろうか。

私たちは、平常時には糖質60%、脂肪40%の
割合でエネルギーを消費しています。

また、息が切れるほどのジョギングや
激しい運動をすると、体は燃えやすい糖質のほうを
先にエネルギーにしてしまうので、糖質80%、
脂肪20%と、脂肪はほとんど減らないのです。

ところが、速足で駅まで歩くなどの
負担のかからない運動の場合は、
なんと糖質35%、脂肪65%と逆転します。

軽い運動のほうが脂肪が燃えやすいのです。


【ストレッチなども取り入れて効果をアップ】

ウォーキングをするときのポイントは
「やや速足で」です。いくら軽い運動がいいといっても、
だらだら歩きでは効果は出ません。

運動強度がなさすぎも効果が上がらないので、
いつもより「やや強く」歩くことも必要です。

また、ただ歩くだけでなく、ウォーキングの途中や
終わったあとに手足や腰の筋肉を伸ばすなどの
ストレッチを取り入れると、さらに効果を
アップさせることができます。

正しいウォーキングの仕方を覚えて、
楽しく歩くことが第一です。

そして、たまにはストレッチや水泳などで、
ウォーキングでは使わない筋肉を
刺激するとよいでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。