ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

時間差ダイエット〜運動 ダイエット〜

運動ダイエットの種類】

時間差ダイエット〜運動 ダイエット


時間差ダイエット」とは、1日に食べる量は同じなのですが、
食べる順番を変えたり、ちょっとした生活習慣を
変えるだけのダイエットです。

具体的には、
1)食事前に運動すること
2)食事を意識してゆっくり食べること
3)夜食の習慣がある人は、夜食をやめて昼間のおやつにする、
などのほか、寝る前にシャワーを浴びる習慣の人は、
夕食後30分以内に3〜5分のシャワーに切り替えるなどの
方法があります。


【ポイント】

1)
食事前に運動する

2)
早食いをやめてゆっくり食べる

3)
夜食をやめて昼間のおやつに変える

4)
夕食後30分以内にシャワーを浴びる

などなど。。。。。


ダイエットに効果的な時間差】

時間差ダイエットとは、一日に食べる量は
同じなのですが、食べる順番を変えたり、
ちょっとした生活習慣を変えるだけのダイエットです。

これまでの自分のライフスタイルを
ちょっと変えてみるだけで、ダイエットができるのです。

お金もかからず、手間もかからない、
賢いダイエット法かもしれません。

まずは、糖質をグリコーゲンに変える時間差です。

1日3食きちんと食べている人は、
食事前に運動をしてみましょう。

食事でとった糖質はグリコーゲンとして筋肉内に
蓄積され、その容量を超えたものが
脂肪として蓄積されてしまいます。

おなかが空いた状態で運動すると、筋肉内に
蓄積されているグリコーゲンがエネルギーとして
消費されます。

そうすると、筋肉内に空きスペースができるのです。

運動のあとに食事をすると、グリコーゲンとして
きっちり筋肉内に蓄積されやすくなり、
脂肪になりにくくなるのです。

次は、時間差によって血糖値をゆるやかに上げる方法です。

人より食事時間が短い人は、意識してゆっくり食べてみます。

ゆっくり食べることで、血糖値もゆっくり上が
るのでインスリンの分泌が少なくなり、
体脂肪が増えにくくなります。

血糖値が上がりきるのに20分くらいかかるので、
20分かけて食事をするとよいでしょう。

3番目は副交感神経が休んでいる時間を
利用する方法です。

夜食の習慣がある人は、夜食をやめて昼間のおやつを
食べるようにします。

夜食より昼間のおやつのほうが太りにくいからです。

夜は副交感神経が働き、インスリンの分泌が
多くなるので、そういう時間に食べると、
食べものは体脂肪として蓄積されてしまいます。

一方、昼間は、交感神経が働いていて、
内臓の働きが活発になります。

こういう時間に少々のおやつを食べても、
エネルギーとして消費されるのです。


【夕食後30分以内のシャワーによる効果】

寝る前にシャワーを浴びる習慣の人は、
夕食後30分以内のシャワーに切り替えてみましょう。

夕食を食べ終わって30分以内に42度くらいの
熱いシャワーを浴びると、副交感神経から昼間の
交感神経に切り替わります。

そうすると、内臓が活発に働き、食べたものが
エネルギーとして消費されていくのです。

夕食時は副交感神経が働くので、血糖値が
上がりインスリンの分泌が活発になり、
食べたものが脂肪として蓄積されやすくなります。

夕食の前後にリラックスしてぬるま湯に
浸かってしまうと、副交感神経がさらに働き、
ますます脂肪が蓄積されることになってしまいます。


時間差ダイエットの方法】

時間差ダイエットには大きく分けて次の3つの
方法があります。

1)食事前に運動する

運動のあとに食事をすると、
グリコーゲンとしてきっちり筋肉内に蓄積されやすくなり、
脂肪になりにくくなります。

2)食事をゆっくり食べる

ゆっくり食べることで、血糖値もゆっくり上がるので
インシュリンの分泌が少なくなり、体脂肪が増えにくくなります。

3)
副交感神経が休んでいる時間を利用する夜食の習慣がある人は、
夜食をやめて、昼間のおやつをたべるようにしましょう。
昼間のほうが内臓の働きが活発なので、こういう時間に
おやつを食べてもエネルギーとして消費されるのです。

7秒ダイエット〜運動 ダイエット〜

運動ダイエットの種類】

7秒ダイエット〜運動 ダイエット


7秒ダイエット」とは、アイソメトリックスという
トレーニング方法をアレンジしたもので、
特別な道具も場所も必要とせず、文字通りいつでもどこでも
7秒でできるダイエット法です。

筋肉は、数秒間全力で力を入れると最大に
筋力を発揮します。

その力を入れる時間が7秒間です。

これが基本のトレーニングです。この簡単なトレーニングを
毎日続けることで、効率よく筋肉を増やし、基礎代謝を
高めて太りにくい体になっていきます。


【ポイント】

1)
7秒間力を入れて静止する

2)
7秒間呼吸を止めないこと

3)
1ポーズを5回行う


【7秒でできるトレーニング法】

アイソメトリックスとは、場所、特別な道具を
必要としないで、いつでもどこでもできる
筋力トレーニングのことです。

アイソメトリックスは短期間のトレーニングで
筋肉が増加し、基礎代謝量を増加させる
効果があります。

体の中でも大胸筋、広背筋、大腿四頭筋、
腹直筋などの大きな筋肉を鍛えるのが基本です。

筋肉は、通常、力がかかっていると
太くなっていくが、筋肉の繊維が
増えているわけではありません。

ところが、力が加わって7秒くらい止めると、
筋肉の繊維が増えるのです。

たとえば、壁や柱などのように動かないものを
全力で押すとか、バスタオルなどのように
伸び縮みしないものを引っ張るという単純な
トレーニングを行ないます。

筋肉は、全力で力を入れると数秒で最大筋力を
発揮するようになります。

その状態で止めて、合計7秒のトレーニングが
基本となります。

こうして、効率良く筋肉を増やしていけば、
基礎代謝が高まって、太りにくい体になるのです。

女性は、筋肉というと「ムキムキになるのでは」と
心配しますが、7秒ダイエットでは筋肉ムキムキの
心配はなく、そもそも女性は筋肉がつきにくい体質なのです。


【エクササイズの3つのポイント】

このエクササイズの特徴は、家庭にあるバスタオルや
電車の吊革、オフィスのロッカールームやデスクを
利用してどんなところでもトレーニングすることができ、
特別な用具がなくても行えることです。

また、筋肉痛になりにくかったり、関節への負担が
少ないので、トレーニング初心者でも
簡単に始めることができます。

エクササイズを行うにあたっての
ポイントは3つあります。

1)
「ここを引き締めたい」という鍛える部分の筋肉を
意識しながら押したり引いたりすること。

2)
力を入れている7秒間は、呼吸を止めないようにする。

3)
ひとつの動作を全力で行うこと。
このときに全力だからといって呼吸を
止めてしまったりしがちだが、それは禁物である。

必ず呼吸をしながら行うことがポイントとなる。

ひとつのポーズを7秒間行い、少し休憩して、
さらにもう7秒間行います。

こうして1ポーズ7秒間を5回行います。

1日にこれを3回、週に3、4日行うと効果的です。
始める前に、軽いストレッチをしておいたほうがよいでしょう。

また、余裕があれば7秒ダイエットに太極拳や
バランスボールなど、ゆったりした動作を
する運動をミックスしてみるとよいでしょう。


<<7秒ダイエットの引き締めたい部分別運動>>

わき腹⇒
立った状態で、右足でタオルの端を踏み、
右手で反対側の端を短めに持つ。
左ひじを頭の上まで上げて、わき腹を伸ばして7秒、
反対側も同様に。


腹筋⇒
イスに座り、太ももにタオルをかけ両端を
握って下に向けて押し下げる。
同時に押さえられた足を上に持ち上げるように
力をいれて7秒。

両ももとも同様に。


ヒップ、裏もも⇒
イスに座り、背もたれを後ろでにつかむ。
足を床からすこし浮かせ、一番近いイスの
足にかかとをつける。

そのまま後方に力を入れながら7秒。


外もも⇒
イスに座り、両太もものまわりにタオルを
巻きつけ、上で交差させる。

タオルの両端を握ったまま思いきり
引っ張ると同時に、太ももを開くように力を
入れて7秒。


上腕、胸筋⇒
体の前でタオルの両端を握り、
胸から15CM程度の位置で左右に引っ張って7秒。


背筋⇒
うつ伏せに寝て、左手をあごの下へ、右手を前方へ伸ばす。
同時に左足を浮かせるようにして7秒。
反対側も同様。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。