ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ギムネマ・シルベスタダイエット〜食事 ダイエット〜

食事ダイエットの種類】

ギムネマ・シルベスタダイエット〜食事 ダイエット


ギムネマ・シルベスタダイエット」とは、
インドで2000年前から糖尿病治療に使われ、血糖値の上昇を
防ぐといわれるギムネマ・シルベスタを使ったダイエット法です。

ギムネマ・シルベスタダイエットは、ギムネマ・シルベスタに
含まれるギムネマ酸を摂ると、甘いものを食べても甘みを
感じさせなくなるので食欲がなくなって
肥満防止になるというダイエット方法

ギムネマ・シルベスタは、インド中南部産のガガイモ科の植物で、
別名グルマール(糖を壊すもの)と呼ばれています。

インドでは2000年以上も前から糖尿病治療に使用されてきた。

その理由は、ギムネマ・シルベスタに含まれるギムネマ酸という
特殊な酸を摂ると舌の甘味を感じる部分にくっつき、1〜2分で
食べ物の甘いものを感じなくさせてしまい、その回復には
1時間以上かかります。

ギムネマ酸を摂ると、小腸の酵素をブロックして
ブドウ糖を吸収する量が大幅に減少するので血糖値も上昇せず、
インスリンの分泌も抑えられるため、脂肪がたまりにくくなる。

ギムネマ・シルベスタは主にサプリメントまたは
ギムネマ茶で摂りますが、食前、食中に摂ると、
甘みを感じにくくするので食後に摂るとよい。

血糖値が上昇するのが食後30分ぐらいなのでそれまでに摂る。

ただし、糖尿病で血糖降下剤を服用している人は、
ギムネマ・シルベスタを併用すると低血糖を起こす可能性があるので
注意が必要である。


<<注意>>

甘みを感じなくなることで食欲がなくなり、
食事制限をしている糖尿病患者にとって効果的。


ギムネマ酸を摂ると、小腸の酵素をブロックして
ブドウ糖を吸収する量が大幅に減少するので血糖値も
上昇せず、インスリンの分泌も抑えられるため、
脂肪がたまりにくくなる。

ギムネマ・シルベスタは主にサプリメントまたは
ギムネマ茶で摂りますが、食前、食中に摂ると、
甘みを感じにくくするので食後に摂るとよい。

血糖値が上昇するのが食後30分ぐらいなのでそれまでに摂る


【ポイント】

1)
食事のときにギムネマ茶を飲む

2)
甘みが感じられないときは食後に飲む、
品質をよくチェックする


【甘みを感じさせなくするギムネマ・シルベスタ】

ギムネマ・シルベスタとは、インド中南部原産の
ガガイモ科の植物で、インドのほかインドネシア、
中国南西部など熱帯・亜熱帯地方にかけて広く自生しています。

インドでは、グルマール(糖を壊すもの)と呼ばれており、
これだけでも体にいいと思わせます。

インドには民間伝承医学アーユルヴェーダがありますが、
ギムネマ・シルベスタは2000年以上前から、糖尿病治療、
健胃、利尿、強壮などの目的で使われてきました。

ギムネマ・シルベスタには、ギムネマ酸という特殊な酸が
多く含まれます。

ギムネマ酸をとると、舌の甘味を感じる部分にくっついて、
1〜2分で食べものの甘みを感じさせなくしてしまいます。

回復には1時間以上かかり、甘みを感じなくなると、
食欲が落ち肥満解消につながります。つまり、糖尿病に
効果的というわけです。

しかし、このことはギムネマ・シルベスタの一面で、
もっとすごい働きもあります。

食べものは胃の働きでブドウ糖に分解され、小腸の酵素に
よって体内に吸収されます。

ギムネマ酸をとると、小腸に先回りして、小腸の酵素を
ブロックしてしまい、これによってブドウ糖を吸収する量が
大幅に減少するのです。

ブドウ糖の吸収率が下がれば、血糖値も上がらずに、
インスリンの分泌が抑えられ、結果的に脂肪が
たまらなくなるというわけなのです。

ギムネマ・シルベスタが肥満や糖尿病のコントロールに
有効とされるのは、このような作用があるからです。


【ギムネマ・シルベスタのとり方】

ギムネマ・シルベスタは、便通をよくする働きもあります。

小腸で吸収されなかったブドウ糖が、
大腸で善玉菌のエサとなり、腸内細菌バランスが
よくなるからです。

また、虫歯予防にも効果があります。ギムネマ酸は、
虫歯菌のもつ酵素の活性を阻害して歯垢ができるのを
防ぐのです。

主にサプリメントでとりますが、手軽なギムネマ茶も
おすすめです。

ギムネマ茶は血糖値が上がるのを防ぐので、食事と一緒に
飲むとよいでしょう。

ただ、食前、食中に飲むと甘みが感じにくくなるので、
気になる人は食後がよいでしょう。

血糖値が上がるのは、食後30分くらいなので、
その間に飲めばよいでしょう。

また、糖尿病の人で血糖降下剤を服用している人は、
ギムネマ茶を併用すると低血糖を起こす可能性が
あるので注意する必要があります。


<<補足>>

ギムネマ・シルベスタは主にサプリメントまたは
ギムネマ茶で摂りますが、食前、食中に摂ると、
甘みを感じにくくするので食後に摂るとよい。

血糖値が上昇するのが食後30分ぐらいなのでそれまでに摂る。

ただし、糖尿病で血糖降下剤を服用している人は、
ギムネマ・シルベスタを併用すると低血糖を起こす可能性があるので
注意が必要である。




カルニチンダイエット〜食事 ダイエット〜

食事ダイエットの種類】

カルニチンダイエット〜食事 ダイエット


カルニチンダイエット」とは、中性脂肪、脂肪酸を
活発に燃やしてくれるカルニチンを使ったダイエット法です。

L-カルニチンはアミノ酸に分類される物質で、
体内の脂肪酸をエネルギー源として利用する心筋や
骨格筋などに多く含まれています。

赤身肉の活発に動く部位(足)に
多く、一番多いのは羊の肉です。



【ポイント】

1)
心臓の働きに重要な役割がある

2)
カルニチンは牛肉、ラム肉の赤身に含まれている

3)
一般的にサプリメントからカルニチンをとる


【ラム肉に多く含まれるカルニチンの重要な働き】

力ルニチンは、日本では比較的新しいダイエットの
アイテムですが、アメリカでは以前から
なじみのあるダイエットとして知られていました。

アメリカでは、スポーツが苦手な人、運動する暇がない人、
仕事で座っていることが多い人、一日中車に乗っている人などが
カルニチンのサプリメントを愛用しています。

カルニチンは、必須アミノ酸であるリジンと
メチオニンによって主に肝臓で生成され、主に骨格筋と
心臓の筋肉に含まれています。

力ルニチンは、細胞内のミトコンドリアの膜の部分で
待ち受けて、血液で運ばれてきた脂肪酸を
次から次へと分解して、ミトコンドリアに送り込んでいき、
やがてエネルギーとして消費されます。

しかし、ミトコンドリアに入れなかった脂肪酸は、
エネルギーとして消費されず、脂肪に合成されて
体内に蓄積します。

このように力ルニチンは、血液中の脂質を
筋肉に運び代謝を促進するために重要な
働きをしているのです。

しかし、力ルニチンは20代をピークに年を
取るとともにだんだん減少していきます。

これは、体内の合成能力が衰えるからです。

そこで、体外からカルニチンを補ってやることが、
肥満防止になるというわけです。

力ルニチンは、食べものでは肉類に含まれており、
ラム肉には豚肉の5倍の力ルニチンが含まれています。


【カルニチンのとり方】

カルニチンは、心臓の筋肉に多いことから、心臓の働きにも
重要なかかわりがあります。

心臓は、心筋という筋肉によって日夜動き続けています。

心筋のエネルギーとなるのは70%が脂肪なので、
年とともに力ルニチンが減少して心筋に取り込まれる
脂肪が少なくなると、心臓の動きが悪くなるのです。

このことから、力ルニチンは血液透析、肝硬変、糖尿病、
心臓病、心筋などの動脈疾患、静脈栄養など医療現場でも
使われているのです。

力ルニチンは必須アミノ酸から生成されるので、
アミノ酸を多くとっていると体内の力ルニチンを
増やしてくれると考えられます。

牛肉、ラム肉の赤身の部分には、カルニチンそのものが
多く含まれていますが、必要量の力ルニチン
(1日300〜500ミリグラム)をとろうと思ったら、ラム肉を
1日500グラム食べなければなりません。

とても、こんなには食べることはできません。

このように、食べものだけで必要量のカルニチンを
摂取するのは難しいので、いまのところ、
サプリメントを利用するのが一般的です。


<<カルニチンの摂取量>>

ダイエット効果を期待するならば、一日に
100mg摂取するようにしましょう。

食事面から摂取するには、
次のデータを参考にしてみてください。


牛ステーキ  100mg/100g
赤貝     100mg/100g
羊肉     300mg/100g


<<併用して効果のあるサプリメント>>

・α-リポ酸 

α-リポ酸とは体内の余計な糖分を分解してミトコンドリアに
運ぶ役目をするのが、α-リポ酸です。

その運んできた糖分を L-カルニチンがミトコンドリア内に
取り込む役目を果たすため、併用すると効果が倍増します。

・コエンザイムQ10

さらに、ミトコンドリア内に取り込まれた糖分の燃焼を
促すのが、コエンザイムQ10です。
このため、コエンザイムQ10の併用も効果が見込めます。

・ビタミンB1

L−カルニチンの働きを助けます。
併用することで、かなりの効果が見込めるようになります。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。